Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2018年11月02日  11:55

【ミニ企画】「私が作りました!」「ふるさととやまの本」

こんにちは!






一般書のミニ企画コーナーのテーマが新しくなりました!
テーマは「私が作りました!〜愛され続けるあの商品〜」です。

インスタントラーメンの父・安藤百福など、
有名なあの商品、あの会社の開発者や創業者のことがわかる本を紹介します。


「百円の男ダイソー矢野博丈 」(大下英治‖著)
「後藤長司ラーメンわが人生 8番らーめん成功のひみつ」(東正仁‖著)
「カルピスをつくった男 三島海雲」(山川徹‖著)
「帯の伊勢丹 模様の伊勢丹 ファッションの伊勢丹創業者・初代小菅丹治」(飛田健彦‖編)
「ザッソー・ベンチャー 移動スーパーとくし丸のキセキ」(住友達也‖著)
「なにわ大坂をつくった100人」(大阪21世紀協会‖編著)
「ブラジャーで勲章をもらった男」(西田清美‖著)
「卵でピカソを買った男 「エッグ・キング」伊勢彦信の成功法則」(山田清機‖著)
「スティーブ・ジョブズ」(ウォルター・アイザックソン‖著)
「ジョン・ハンケ世界をめぐる冒険 グーグルアースからイングレス、そしてポケモンGOへ」(ジョン・ハンケ‖著)
「広辞苑はなぜ生まれたか 新村出の生きた軌跡」(新村恭‖著)
「琥珀の夢 小説鳥井信治郎」(伊集院静‖著)
「落陽」(朝井まかて‖著)
「天地明察」(冲方 丁‖著)
「出光佐三 黄金の奴隷たるなかれ」(橘川武郎‖著)


…などなど。
普段何気なくつかっている商品にも、アッと驚くエピソードが隠れているかもしれませんよ(^^)


もう一つのミニ企画
「11月はふるさととやま読書月間」






富山県では11月を「ふるさととやま読書月間」として、
子どもたちが読書に親しむための取り組みを行っています。
県立図書館などでも企画展示を行っていますよ。

⇒富山県立図書館


富山にゆかりのある文学作品や、富山を舞台にした物語、
産業や歴史、民話などを集めました。

⇒平成22年に選定された「すすめたいふるさととやま100冊の本」のリストはコチラ


  • おすすめ図書