Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2018年07月05日  14:28

☆7月のラジオで紹介した本です☆

毎月第1木曜日の12:20からは砺波図書館ラジオの日!
FMとなみさんで今月の予定や
オススメ本を紹介させていただきました(^^)

夏休みはおはなし会スペシャルや、英語絵本の読み聞かせ市民ワークショップなど、
図書館でも様々なイベントが予定されています。

7月は、

砺波図書館では、
★めばえの会「夏のおはなし会」スペシャル★
7/29日(日) 10:00〜11:00

砺波図書館で34年にわたり読み聞かせの活動を続けてこられ、
先日緑綬褒状を受章された「めばえの会」さんによる
毎年恒例「夏のおはなし会」です。
ぜひ遊びにきてください♪

庄川図書館では、
☆ブックスタンプラリー☆
7/25〜8/31


☆星の観測会☆
7/27、8/3、8/10(金) 20:20〜21:00

⇒詳しくはコチラ


さて、今月ご紹介した本です。




「ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を」(太田忠司‖著)

著者は1990年に初の長編ミステリを出版、その後もコンスタントに作品を発表しています。
少年を主人公にしたジュブナイルミステリ「狩野俊介シリーズ」は20年に渡って愛され、
コミカライズもされるほどの人気作でしたし、
『奇談蒐集家』『月読』など、ミステリランキング上位に入る作品も多い作家さんです。

新作の『ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を』も、
第1作は2001年、今作がシリーズ4作目になりますが、
連作短編なのでどの巻からも楽しめますよ。

主人公は愛知県捜査一課の、通称氷の女王≠アと京堂景子警部補。
ずば抜けた捜査能力と冷静な判断で犯人を追い詰める姿は、
新人刑事・築山(つきやま)瞳にとって憧れであり、
一方で恐れる存在でもあるのです。
でもこのクールビューティ、実は家に帰ると売れっ子イラストレーターのダンナ様にデレデレ(^^)
ダンナ様のおいしい料理と鋭い推理、
クールな京堂警部補とカワイイ景子さんのギャップも楽しめる作品です。

ドラマ化されても人気が出そうです。
今時の要素を上手に盛り込む作者だからこそ、
ミステリ作家として長年活躍されているのかもしれませんね。


  • おすすめ図書