Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2017年12月17日  09:43

【一般書企画】 気骨の人・城山三郎



一般書のメイン企画テーマが新しくなりました!



城山三郎の没後10年をむかえ、改めて作品を紹介するとともに、
その潔い凛とした生き方を見つめ直してみたいと思います。
テーマは「気骨の人・城山三郎〜没後10年によせて」です。


「城山三郎 命の旅」(佐高信・内橋克人‖編)

「城山三郎伝 昭和を生きた気骨の作家」(西尾 典祐‖著)

「城山三郎が娘に語った戦争」(井上紀子‖著)

「対談集「気骨」について」(城山三郎‖著)

「毎日が日曜日」(城山三郎‖著)

「指揮官たちの特攻 幸福は花びらのごとく」(城山三郎‖著)

「そうか、もう君はいないのか」(城山三郎‖著)

「硫黄島に死す」(城山三郎‖著)

「わしの眼は十年先が見える 大原孫三郎の生涯」(城山三郎‖著)

「逆境を生きる」(城山三郎‖著)



などなど。
今も多くのファンの心に残る作品と生き様に、
この機会に触れてみませんか。



  • おすすめ図書