Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2017年09月27日  17:02

おすすめ絵本、今月のテーマは「お月さま こんばんは」

こんにちは!




今月の「そらいろのたね」では、
「お月さま こんばんは」をテーマに紹介しました。
10/4は中秋の名月。
秋の夜空を眺めつつ、月の絵本でほっこりした時間をすごせたらいいですね(^^)


「やまこえのこえかわこえて」
(こいでやすこ‖さく)


「きつねのきっこちゃん」シリーズで、満月の夜にきっこが買い物かごを持って
おでかけする場面からはじまります。
山こえ野こえ川こえて、いったいどこへ行くのでしょうか?
途中で得体の知れない誰かが近づいてきたり、ハラハラドキドキもある、
秋の読み聞かせにぴったりの一冊です。


「おつきさんのぼうし」
(高木さんご‖文 黒井健‖絵)


丘の上に一軒の「帽子屋」がありました。月は、自分にも帽子を作ってほしいと頼みます。
最初は魔女の帽子、次は海賊の帽子…いろんな帽子をかぶった時に
月の形が変わるのが、絵でわかるように工夫されています。
黒井さんのやさしいタッチの絵柄が、文にぴったり寄り添ったファンタジックな絵本です。


「おつきさまはいちねんせい」
(きたやまようこ‖文 アンドレ・ダーハン‖絵)


主人公は小学校に入学したお月さま。すぐに友達ができると思っていたのに、
なかなかそうならなくてがっかり…。
「もっと自分のことを分かってもらいたいなあ」と、お月さまが思いついた素敵なこととは?
がんばる月の姿にエールを送りたくなる絵本です。
ダーハン氏は他にも月の絵本を多く手掛けていますよ。


「おつきさま すーや すや」
(青島左門//さく)


夜のしずかな海に、ぴょこっと水面から顔を出したお月さま。
ジャンプしたり、海へ飛び込んだり、楽しく遊んだあとは、
遊びつかれて雲のベッドですーやすや…。
透明感あふれる色彩が美しく、
おやすみ前のひとときに読みたい絵本です。


月はみんなを静かに見守ってくれるように思えます。
そんな月の絵本は、癒されるような気配、そして温かさが魅力的ですね(^^)
さて来月は10/25(水)10時〜、テーマは「おいしい秋 実りの秋」です。
お気軽にご参加をお待ちしています♪


  • おすすめ図書