Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2017年08月08日  16:21

小学生がコンピューターを作ったよ!

今日は図書館で砺波市のイベントが開催されました!
「IchigoJamでこども電子工作&プログラミング教室」






プログラミングを教えてもらうのかと思いきや、
まずは自分でコンピューターを作るところから!

パソコンだけでなく、冷蔵庫やテレビなどの家電、
自動車などにもたくさんのコンピューターが使われています。
こんな小さなコンピューターでも、1秒間に5000万回以上の計算ができるのだとか!(@_@)





講師は信州大学総合情報センター長の不破 泰先生。
まずは基盤に「抵抗」と呼ばれる部品をいくつか、ハンダづけしていきます。












教えてもらいながらみんな真剣!
細かい作業も自分でやってみる!




こんなに小さいコンピューターですが、
モニタとキーボードをつなぐとちゃんと動きます〜☆
打ち込んだプログラムに従って、LEDライトが点滅を繰り返しました!









午後からはいよいよプログラミング!
先生に教えてもらいながら「ねこに小判」ゲームを作りました(^^)
はじめて自分で作ったコンピューターとプログラムが動くのを見ると感動ですね☆

先生からは、これを機会にコンピューターに興味を持ってもらい、
コンピューターを使って、困っている問題をどうやって解決するか、
そして人に喜んでもらう仕事に、いつか役立ててほしいというお話がありました。

今日の体験が子どもたちの未来につながるといいですね♪





  • 出来事