Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2017年04月06日  15:00

月に一度のラジオの日です

こんにちは!

毎月第1木曜日はFMとなみで
図書館のイベントやオススメの本の紹介をしています。




4月の図書館のイベントは、

・4/22(土)〜28(金) 雑誌リサイクル


前回の記事でも紹介しましたが、1冊10円お一人5冊まで
保存期限の切れた雑誌をお持ち帰りいただけるとあって
毎年人気です!

・4/15(土)〜5/12(金) 本でビンゴ!

「こどもの読書週間」に合わせてお子様向けのイベントを企画しました!
本を借りたり、図書館のイベントに参加したりして
ビンゴを集めると、かわいい記念品がもらえるよ!
本で調べものをする上級者向けもあるので
チャレンジしてみてね♪

・4/25(火)10時〜 「えほんのじかん」春スペシャル

「ファーストブックの会」さんが定期的に開催してくださっている
赤ちゃん向けの「えほんのじかん」
今月25日は春スペシャルです♪
読み聞かせのほか、手あそびや
ママと一緒に兜を作ろうなど、親子で楽しめますよ。



今月のオススメ本は、森絵都・著
「出会いなおし」(文藝春秋刊)をご紹介しました。




森絵都さんは、2006年には直木賞も受賞され、
まもなく発表になる今年の「本屋大賞」の候補作
「みかづき」の作者でもあります。
児童書やティーンズ向けの小説から一般向けの文芸書まで
書いてこられた作者ですが、短篇集はこれがはじめてなのだそうです。
全部で6篇が収録されています。

表題作の「出会いなおし」は、まるで良質の映画を観ているかのような短篇でした。

駆け出しのイラストレーターとそれを支えてくれた文芸誌の編集者。
しかし彫刻家の夢を追って渡欧し、そして挫折した
イラストレーターが再び日本で仕事を始めた時には、
編集者もまたファッション誌に異動しており、
以前のような気持ちの通い合いがなくなってしまいました。

一緒に仕事をすることもなくなってしまったふたりですが、
「いつかあなたの立体作品をみせてほしい」と言っていた編集者に
作品展の案内を送ったことで、再会…。

「出会いなおし」という言葉に、その瞬間の美しさが
すべて込められていて、心をぎゅっと掴まれてしまいました。
もうこの世では会えないという時がきても、
それは別れではないかもしれない…と思わせてくれる短篇集です。


  • おすすめ図書