Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

Team1073

Team1073(チームとなみ)は、富山県砺波(となみ)市を好きな仲間が、砺波の魅力を伝えていきます。まずは地域おこし協力隊が、外から来た目線で感じたままに伝えていきます。「砺波を知らないけど興味を持った」「昔住んでいて懐かしい」等々で、砺波市に遊びに来たり、住んでみようかなと思ってもらえたら嬉しいです。何かありましたら、ご連絡を下さい。どうぞよろしくお願いします。
Facebook www.facebook.com/Team1073
前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2017年01月20日 20:10



野水@地域おこし協力隊1号です。

1/15に、東京ビッグサイトで「JOIN移住・交流&地域おこしフェア2017」が開催されました。私は参加しませんでしたが、来年度の全国の協力隊の募集案内も行われたそうです。

1/16・17で、総務省主催の「地域おこし協力隊ステップアップ研修」出席のため、東京代々木の国立オリンピックセンターに行って来ました。協力隊2〜3年目の隊員35名での研修でした。
地域おこし協力隊は最大3年の任期です。3年後は解職となりますので、そのまま定住するための準備をどうするかがテーマでした。
私も、地域のニーズと自分の夢・希望をどう両立させたなりわいを創っていくか、真剣に考えた2日間でした。

会場の隣が、明治神宮です。原宿駅から明治神宮を通って、会場入りしました。時間があったので、初めて拝観料500円を払って庭園内に入りました。東京は、ど快晴ながら、冷えたため、池が凍っていました。
そして、お目当ては「清正井」です。この明治神宮は、江戸時代は熊本藩主加藤清正公の邸宅でした。清正が堀ったという井戸が、数年前から画像の写真を携帯の待ち受けにすると幸運があると言われ、ここはパワースポットになっているのです。全く空いていて、手を合わせて昨年の熊本地震のお見舞いを祈った後、一口飲んで来ました。

研修翌日には、渋谷の國學院大學博物館に「火焔型土器のデザインと機能」と題した特別展を見て来ました。本博物館は元々無料で観覧できるのですが、今回の特別展も無料でした。
本特別展は、新潟県を中心に約5000年前の縄文中期に盛行した「火焔型土器」を展示・公開したものです。
昨年、新潟県の信濃川火焔街道連携協議会に加盟する5市町村が『「なんだ、コレは!」信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化」の名で申請し、日本遺産に認定されたことを記念して開催されました。私の実家の三条市も入っています。
会場には、縄文土器として唯一の国宝や、重文が多数実物展示されてました。タダで。しかも、アンケートを書くと超立派な図録ももらえます。
昼から夕方まで、じっくりと鑑賞して来ました。



  • 地域おこし協力隊

2017年01月14日 16:12

野水@地域おこし協力隊1号です。

本日は、砺波市も本格的な雪になりました。まだ今晩から冷えて、明日にかけて大雪になるそうですので、皆様お気を付け下さい。
大学受験の皆さんも、明日もう1日温かくして臨んで下さい。検討を祈る!

さて、本日は映画の話を3つ。

高岡市立博物館で明日まで、『この世界の片隅で』のパネル展開催中。昨年のキネマ旬報日本映画ベスト1位・監督賞も受賞したアニメ映画。のん(能年玲奈)声優の本作は現在、富山市総曲輪のjmax theaterで絶賛上映中。『君の名は。』と見比べることもできます。

南砺市いのくち椿館で、「南砺に灯った町の小さな映画館」主催 1/22(日)14時と19時 『HALF ハーフ』を上映します。私はこの自主上映会に関わっていて、19時の部で受付をする予定です。

2/11(土)・12(日)「とやま映像祭2017」が、県教育文化会館で催されます。1日中多くの映像作品が上映されます。なんと無料で、両日とも先着200名にはドリンク・クッキーサービスもあります。2/11には、南砺市の生んだ世界的小麦育種家「稲塚権次郎」を描いた『NORIN TEN〜稲塚権次郎物語』が上映されます。遠戚である稲塚監督のトークショーもあります。私も1年半前砺波に来て、稲塚権次郎を知り、大変感動し、また尊敬しました。この映画も初めて見ます。大変楽しみです。稲塚権次郎は「コシヒカリ」の開発にも大変貢献し、「日本の米と小麦開発の父」とも言える人です。もっと世の中に知らしめていきたい人です。2/12には『百瀬、こっちを向いて。』が、邪雲監督のトークショーと共に上映されます。

映画を見て、冬の長夜を楽しみませんか?









  • 日々の出来事

2017年01月12日 16:32

野水@地域おこし協力隊1号です。

別のところにも書きましたが、私の一番好きだった俳優の根津甚八氏が昨年末、他界されました。根津甚八は、唐十郎が名付けた芸名ですが、真田十勇士の一人の名です。昨年は「真田丸」ブームで「真田十勇士」を描いた映画も公開されました。その年に亡くなったというのも因縁でしょうか。

さて、私名物の歴史話の本年第1弾です。
先日1/10に、滋賀県大津市の石山寺へ行きました。元々瀬田の唐橋のところに用事があったのですが、そこから歩いて行ける距離でした。瀬田の唐橋は、俵藤太(藤原秀郷)の大ムカデ退治伝説の舞台で、行きたかった場所でした。秀郷の末裔を称する武将は東国に多く、元々大変興味がありました。
瀬田川沿いに歩いて、石山寺へ行きました。実は、正月に実家に帰った際、弟からこの石山寺のお守りをもらっていたのです。昨年は石山寺の本尊の33年に1度の御開扉の年で、それを見に行って来てたのでした。正月早々シンクロしました。
石山寺は、本堂と多宝塔が国宝で、紫式部が「源氏物語」の構想を練ったところという伝承で有名です。また、本堂が天然記念物の硅灰石の巨大な岩盤の上に建っているパワースポットです。宗旨は真言宗ですが、開基は東大寺の良弁、そして、なんと本堂下の御堂は蓮如堂です。なんでも蓮如上人の母が、石山観音の化身だと言われていたからだそうです。ここで蓮如さんに会うとは。ここでもシンクロしました。他にもこの寺は、弘文天皇の若宮はあるは、淀殿が修繕してるは、松尾芭蕉も来てるは、果ては明治期に島崎藤村も2ヶ月滞在してたところだったのです。まさにオールスター勢揃いで腹いっぱい。

紫式部の貴重な三筆の図像を鑑賞し、宿泊先に予約していた近江舞子駅そばのペンションへ向かいました。湖岸道路を走っていたら、大津市中心部のパルコの前で「義仲寺」の看板を見つけました。そう言えば、義仲寺(ぎちゅうじ)は大津だったなと思い出しました。義仲寺は、その名の通り、富山県の大有名武将の木曾義仲の菩提寺です。そして松尾芭蕉の墓所でもあります。ここでまたまた知らずにシンクロしてしまいました。生憎、16時過ぎのため、拝観はできませんでしたが、市の中心にあったことが一番の驚きでした。しかし、旧街道沿いにあるこの寺の周りが、後に中心市街地化したのでした。ここから近くには、義仲四天王の今井兼平の墓もありました。次回、ゆっくりと訪ねてみたいと思います。
宿泊したペンションは、平成8年に自力で1200mも掘削して温泉を掘り当てたところで、「比良招福温泉」と言います。38度の重曹泉で、色が変わる面白い湯でした。滋賀県では最も新しい温泉の1つで、泉質も抜群で、美人の湯の名の通り、3歳は若返りました。

朝のニュースで、青森から北陸で大雪になっていると言ってたので、覚悟してたのにそこからの帰途、琵琶湖の北の奥琵琶湖で積雪がありましたが、敦賀市に入った途端に雪が全くなくなり、拍子抜けしました。雪のない砺波に無事帰って来ましたが、びっくりするほどシンクロ体験の多い旅となりました。
PS.この投稿を書いていたら、空き家バンクの問い合わせがありました。なんと、その人は大津市の人でした。シンクロは、まだ続いているようです。





  • 砺波市外

2017年01月09日 23:40

こんばんは、野口@地域おこし協力隊2号です。

1/7(土)は、快晴でとても良く立山連峰が見えました。砺波市美術館から、とても良く立山連峰が見えると聞いたので、行ってみました。

砺波市美術館のホームページを見ると、
”好天日には、美術館3階テラスから雄大な立山連峰がご覧いただけます。”と。



ワクワクしながら3階に上がってみたら、景色が見えてきました。
「あれ?」「ん?何か違うぞ???」



確かに立山連峰は綺麗に見えるのですが、その前に大きな鉄塔が立ってます。「じゃー、あの写真は画像処理して、鉄塔を消したのか?」と思い、よく見てみたら、この部分を拡大した写真なんですね。


う〜ん、嘘じゃ無いけど、なんとなく納得できない。。しかも、はめ殺しのガラス窓です。立山連峰が見えない反対側は外に出られるのに。せっかくなら生目で風を感じながら景色を見たいですよね。高層ビルなら安全性から窓が開かなくても仕方ないとは思いますが。。私的には、ちょっと残念な感じでした。

さて、週間予報で明後日からずっと雪マークです。いよいよ本格的に雪が降るのでしょうかね。


  • 日々の出来事

2017年01月09日 00:12

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。
日中は曇りでしたが、立山連峰もかろうじて見え、雨も降らずに耐えてましたが、夜になって雨が降ってきました。

昨年中に、水回り(キッチン、お風呂、トイレ)のリフォームを終わらせる予定だったのですが、なかなか予定通りに進まず、今年も引き続き、リフォームを続けています。

難題が一つがトイレです。当時の最上位モデルですばらしいトイレですが、昨年7月にウォッシュレットが動かなくなってしまいました。便座一体型トイレのためにウォッシュレットだけ交換が出来ない。しかも20年ぐらい前のトイレなので修理も不可。結局、トイレ交換しか方法がありません。元々敷いてあったタイルカーペットを剥がしたら、なんとタイルです!木だったらまだしも、さらに施工の難易度が上がってしまった。。



で、今のトイレの様子です。こんな姿になってしまいました。。便器も取り外してしまった。。



どうしようか、ちょっと途方に暮れてます。。ちゃんとトイレが使えるようになるかなぁ。。

また、事の顛末を報告していきます。


  • 古民家

2017年01月08日 02:12

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。

砺波市庄川町で江戸時代から行われる奇祭「厄払い鯉の放流」を見てきました。
場所は、昨日の前夜祭と同じ、鯉恋の宮。11時から開始、雲一つ無い快晴です!今朝は霜が降りて氷の世界、すごく冷えてましたが、とても良い日になりました。何度もお伝えしてますが雪は全くありません!

庄川の川岸が会場です。報道陣用の場所が水上に用意されています。まず最初に50メートル位先の鳥居から神主を先頭に厄年の方々が歩いてきます。



会場に着くと各々が鯉に触ってから、一人ずつ順番に鯉に酒を飲ませていきます。私は「鯉の入っている桶に酒を入れるのかな」と思っていたので、見てびっくり!鯉を鷲掴みにして、口に直接一升瓶から酒を注いでいます。あらら、こりゃ〜鯉も逃げ場ないですね。。酒を飲んだ鯉は川に放流されます。ほろ酔い気分で気持ちよく泳いでいるのでしょうかね。



式典自体は、10分程度であっさりと終わってしまいました。実際見てみると、”奇祭”という感じではなく、こぢんまりとほのぼのしたイベントでした。
エヴァンゲリオンの敵のような鯉のオブジェを被って、皆さんを楽しませているのが、熱い熱い広島カープファンです。今日も広島カープファンが活躍してました!やっぱりここは広島カープファンの聖地?

その後、ウッドプラザで、開運七福鍋が振舞われました(限定200食だそうです)。これがとても美味しかった! レンコンやニンジン等の野菜が入った餅巾着が入っていました。汁にさりげなく庄川名産のユズが入っていて、このユズのアクセントがとても効いてました。



何で鯉にお酒を飲ませるのかな?と調べたところ、市役所のページにありました。
「この奇祭は、1816年(文化13年)3月26日に行われました金屋神明宮の遷宮祭に、昔から「神の化身、庄川の主」とされていた鯉を神饌として供えた際、長時間の神事が終了してもまだ鯉が生きていたことから、この鯉の生命力にあやかるとともに身の厄を託し、御神酒を飲ませて庄川に放流したのが起源とされています。」と。
なるほど、鯉は「神の化身、庄川の主」だったのと。でも、その神の化身である鯉を、神への供え物にする??何となく辻褄が合ってないように思いますが、とりあえず鯉の生命力から「長寿」「厄払い」につながるわけですね。

昨日&今日と見学してみて、私が一番印象に残ったのは、”ここは広島カープファンの聖地か?”、”開運七福鍋のユズの美味しさ”、”安城七夕親善大使の頑張り”でした。せっかくなので広島からカープファンも集めて、第三部で元気なイベントをしてみたらイイなと思いました。


  • 日々の出来事

2017年01月06日 23:56

こんばんは、野口@地域おこし協力隊2号です。
昨日から、とっても寒いですね。

今日は「こいっぴ&ぷくっち対面式」を見に行きました。このイベントは「厄払い恋の放流」の前夜祭です。「厄払い恋の放流」は江戸時代(1816年)を期限とする伝統行事らしいです。明日、見に行ってみようと思っています。

庄川水記念公園にある「鯉恋の宮」の1Fで、18時から始まりました。



今日の主役は、「こいっぴ(女の子)&ぷくっち(男の子)」です!


庄川水記念公園のシンボルキャラクターで、鯉をモチーフにしてます。頭の飾りは何でしょうね?私にはう〇こにしか見えないのですが(”運がつく”という意味で)。
この2匹は遠距離恋愛をしていて、年に2回だけ会えるそうです。それが今日1/6です。「ぷくっち」は、安城市のデンパークから、「こいっぴ」のいる庄川水記念公園に来てくれました。

もう一つの主役は、「安城七夕親善大使」と「プリンセスチューリップ」です!


場がとっても華やかになりますね。しっかりと各市のアピールもしてました。

それと、とても感心したのは、司会者の喋りがうまいこと!会場にいた人にペットボトルのお茶が配られて、乾杯するときに、「こいっぴとぷくっちの再会を祝して、皆で乾杯しましょう!」「ばんざーい!」(???)ってのはツボにハマりました。「乾杯」かと思いきや、全く想像してませんでした・・・



「鯉」から「恋」で「縁結び」という連想だと思いますが、それよりも、広島カープ・ファンの熱い思いが印象に残りました。ここはカープファンの聖地かと。縁結びでなく「勝負の神」でもいいんじゃないかと思えました。



最後に大きな色紙?に、皆で今年の抱負を書きます。(壁に貼られるそうです。)
とっても和やかな雰囲気の会でした。もっと色々な人が見に来てもいいかなと感じました。皆さん、来年はぜひ参加してみて下さい!


  • 日々の出来事

2017年01月05日 14:21

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。

年末のバタバタで、12月中にお伝えできなかったことが何個かあります。そのうちの一つが、12/23の犬の散歩中に撮った虹です!



凄くないですか!?半円の虹が全て見えてます。これぞ虹です!まさにマンガで描かれる虹ですよね?
東京では建物に邪魔されて、辛うじて丸いかなぁ〜って分かる程度しか見えません。しかも偶然にも伝統家屋のアズマダチが中心に! ほんと砺波でしか見れない景色です。とってもイイですよね〜。

砺波(日本海側)の冬の天気は、雨が降ったり止んだり、急に太陽が出たり、夜に雷がなったり、、、とても変わりやすい天気です。関東の冬のように晴天は続きませんが、そのおかげでこんな素敵な景色を見ることが出来ます。意外と立山連峰が見れる日も多いです。

これから冬本番です。どんな景色が見れるでしょうか?


  • 散居村の暮らし

2017年01月05日 11:57

野水@地域おこし協力隊1号です。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。旧年中はあまり投稿できませんでした。今年は短い文章でもトピックをもっと頻繁に投稿していきたいと思います。

さて、私も正月は実家の新潟県三条市で過ごして来ました。全く雪のない穏やかな正月でした。国道8号線で帰省中、糸魚川市の大火の跡を見ました。国道のすぐ横まで焼けていました。この年末に被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます
上越市では、ガソリン価格116円の最安スタンドを見つけました。

この正月中に砺波の移住体験施設「佐々木邸」に、昨年の移住体験ツアーに参加されたご家族が、三重県から遊びに来て下さいました。お会いできて大変嬉しく思いました。
昨日は高瀬神社に初詣でに行って来ました。今年もよろしくお願いしますとお祈りして来ました。皆様にも宜しくお願い致します。




  • 日々の出来事

2017年01月04日 11:53

皆さま、あけましておめでとうございます。
野口@地域おこし協力隊2号です。

年末年始はゆっくりされましたか?私は、車での移動が多くてちょっと疲れています。。今日(4日)から出社の方が多いのではないでしょうか?今年はお休みが少なく感じますね。

移住してくる前の砺波のイメージは「雪国。冬は寒い。大変」でした。
年末年始に実家(千葉県流山市)に帰り、母親から「どうだ?砺波は寒くて雪大変か?」と聞かれ、「12月に雪が積もったのは1回だけで、それも融雪装置があるから東京より雪が残らないよ」と言ったらびっくりしてました。
寒さも朝の冷え込みは実家の方が厳しい気がします。天気が良いので放射冷却で冷え込んで、空気が冷たくて耳などに刺さる痛さで、立派な霜柱も立っていました。砺波で霜柱を見たのは1回だけでしょうか(雨だと霜柱は立たない?)
今朝、雪を探して、「となみ夢の平スキー場」に行ってみましたが、全くありません!道端に少しだけ残っているだけでした。



関東にいるときには、北陸も東北も北海道も同じ雪国だと思ってましたが、砺波で天気予報を見て「北海道の雪の様子や気温の低さを見て全然違う」と実感してます。それと比べたら砺波は穏やかですね。

ただ、日照時間は全然違うと思います。関東は年末年始ずっと晴れでした。昨日の早朝に砺波に戻ってきましたが、曇り&雨、夜に雷です。今は雨が降っています。
高速道路で関越道路を走りましたが、群馬の山を境に天候が一変します。日本海側と太平洋側の天気の差をすごく感じられました。面白いですね。



砺波市の過去の天気を見ると、1、2月が最も雪が降るので、これから本格的な雪が降るのでしょうか?
楽しみなような。。不安なような。。


  • 日々の出来事