Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

Team1073

Team1073(チームとなみ)は、富山県砺波(となみ)市を好きな仲間が、砺波の魅力を伝えていきます。まずは地域おこし協力隊が、外から来た目線で感じたままに伝えていきます。「砺波を知らないけど興味を持った」「昔住んでいて懐かしい」等々で、砺波市に遊びに来たり、住んでみようかなと思ってもらえたら嬉しいです。何かありましたら、ご連絡を下さい。どうぞよろしくお願いします。
Facebook www.facebook.com/Team1073
1  | 2
次のページ

2017年09月13日 12:53

みなさんこんにちは!TEAM1073のイノッチです。さて、今回はTEAM1073が企画する超ビッグイベントのご案内です!
なんとなんと、最近テレビでも話題沸騰の人気インスタグラマー6151 ROKUICHI GOICHI さんをお招きし、インスタグラムを活用した表現のコツなどを学べる体験型のワークショップを開催しちゃおうという企画です!
フォトジェニックな写真撮影のテクニックや使えるアプリの紹介など共感を集めるインスタグラムの活用方法をご紹介しながら、終わりには砺波の花 チューリップの撮影会も行う、楽しい&ためになるワークショップです!
6151さんから直接の技術指導も受けられ、これであなたの投稿にもたくさんの"いいね"がつくこと間違いなし!定員に達した時点で締切となりますので、興味のある方は、ぜひお早めにお申し込みください♪当日はTEAM1073のメンバーもワークショップをお手伝いしますよ〜!!詳しい情報は砺波市移住定住応援サイト「やっぱり砺波で暮らそう。」をご覧ください→http://www.tonami-life.net/archives/2484

6151 ROKUICHI GOICHI
日常にある他愛ない光景や感覚をビジュアリゼーションするフォログラファー。若者に人気のSNSのINSTAGRAM(インスタグラム)で12万人を超えるフォロワーを持ち、若い女性を中心に高い支持を得ている。日本テレビの情報番組「シューイチ」にて人気インスタグラマーとして紹介され(2017.8.6放送)、さらに注目を集めている。
https://www.instagram.com/6151/


  • お知らせ

2017年08月18日 17:21

こんにちは。TEAM1073のイノッチです!
みなさんお待たせしました!砺波市の秋の移住定住ツアーの詳細が決まりました!




開催日 10月7日(土)8日(日)
参加費 大人10,000円、中高生5,000円、中学生未満は無料


http://www.tonami-life.net/taiken/taikentour

今回のツアーも秋の砺波の魅力がいっぱいに詰まった内容となっています。地元住民との交流会のときには、TEAM1073のメンバーもお邪魔して、参加者の皆さんと交流したいと思っています♪
砺波への移住に興味のある方はぜひご参加ください。メンバー一同、皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!


  • お知らせ

2017年06月29日 16:38

こんにちは。TEAM1073のイノッチです。
今日は、今週末に行われる面白いイベントをご紹介します。その名も「JR城端線もりあげ酒場」です。
これは、砺波駅南口にある喫茶店「いっぷく処 ちぇりー」さんと城端線もりあげ隊さんの共同企画で、毎月最終金曜日のプレミアムフライデー限定の手作り居酒屋をオープンするものです。JR利用者には、なんと生ビール1杯目半額等の割引特典つき!プレ金は城端線に乗って砺波の街へ繰り出してみませんか?


  • お知らせ

2017年01月25日 09:53

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。

昨日お伝えしたガイドブックに続き、砺波市の移住定住ホームページもオープンしました!
砺波市移住定住応援サイト「やっぱり砺波で暮らそう。」です。



現状ほとんどのページがまだ移住ガイドブックの内容を反映させただけの状態です。まさに今、スタート地点に立ったところなので、長い目で応援して頂けたらと思います。もしリンク切れなど不備を見つけたら、「お問い合わせ」から教えてもらえると助かります。

移住を検討している人達が欲しい情報に迷わずにたどり着けることを第一に考えて、シンプルな構成にしました。富山県定住コンシェルジュさんからもアドバイスを頂きました。どうもありがとうございました!
それと「お問い合わせ」にはメールフォームを用意しました(目新しいことではありませんが)。東京のサラリーマンは忙しいです。電話が通じる日中は仕事が忙し過ぎてなかなか電話をかけられません。会社帰り、終電に乗ってボーッとスマホを見る。新着情報を見て「イイ古民家物件だな」「この体験ツアー面白そう」とかでちょっと質問したいとき、その場で気軽にメールしておく。そんな感じで、移住検討者との会話が出来るとイイなぁと思っています。

ホームページの良いところは、簡単に修正や新しい情報を追加していけることです。印刷物のガイドブックは簡単に修正できないため、”期限付き情報”を掲載できないなどの制約があります。その補足としてホームページを活用していきたいと思っています。
これから、より役立つ情報を盛り込んでいきます。もし「こんな内容を知りたい」「こんなことを移住を検討している人に伝えたい」など意見がありましたら、お気軽に「お問い合わせ」からメールを下さい。

ホームページの更新した情報は、「新着情報」に載りますので、たまに覗いてもらえたらと思います。それでは、よろしくお願いします!



移住定住ガイドブックも、ここからダウンロードできます。


  • お知らせ

2017年01月24日 17:14

砺波市の移住定住ガイドブックが完成しました!

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。

ここ2、3日はとても寒いですね!今日も雪がしんしんと降ってます。砺波(北陸)の冬の大変さがだんだんと分かってきました。



これまた、お伝えするのが遅くなってしまったのですが、砺波市の移住定住ガイドブック「やっぱり砺波で暮らそう。」が完成しました!



昨年6月後半から制作を開始しましたが紆余曲折があり、予定よりも大幅に遅れましたが、ようやく形になって良かったです。ぜひ手に取って見てみて下さい。
私は雑誌制作の専門家ではないので、やれることは自分の移住経験からの視点を盛り込むこと。私が特に伝えたかったのは、最初の見開き2ページ分です。

まず表紙をめくると見開きで、大迫力の空撮した散居村の景色が広がります。まさに私が「砺波に住みたい」と思った景色です。「田舎暮らしに憧れている」人達に凄く響くと思っています。



次をめくると、砺波の地図です。これは”日常”を示した地図です。観光マップはたくさんありますが、観光は”非日常”で、普段の生活を忘れて楽しむ空間なんですよね。 一方、移住するということは、普段の生活(=日常)を送ることです。そんな日常を示した地図がこれまで無かったので、それを作りたいと思いました。「砺波に来たら、こんな生活が出来るよ」と。砺波を知らない人が分かり易いように「市街地」「散居村」「里山」と3つに単純化してみました。また「交通」「買物」「食べる」等のコメントは、私が移住してきて率直に感じたことです。



それ以降、移住者や地元の方のインタビュー、支援制度、移住体験などありますので、今後、紹介していきたいと思います。

移住定住ガイドブックは、こちらからダウンロードできますので、ぜひご覧下さい!


  • お知らせ

2016年12月07日 15:48

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。

新聞にも取り上げてもらいましたが、Team1073の新メンバー(まち記者)を募集してます。




これまでは地域おこし協力隊の2名で情報発信をしてきましたが、おじさん2人では砺波の魅力を十分に発信しきれてませんので、皆さんのお力を必要としています!

Team1073では、砺波の良いことも悪いことも、その人が感じたまま思ったままに、発信することが大切だと思っています。自分の興味のない事やウソを書いても誰も共感してくれない。その人が素直に「いいな」ということは、少数かもしれませんが必ず共感してくれる人がいると思います。
ただしこの場合は、その人の視点に偏ってしまいます。(今だと、1号は歴史文化、2号は移住してまだ余裕なく家の修理、身の回りの話ばかり・・・)

でも、砺波にはもっともっとたくさんの視点がある筈です(当たり前ですが)。色々な人たちがまち記者になり、それぞれの視点から、砺波のありのままを伝えていくことで、多角的に砺波の魅力が現れ、砺波が魅力的にカラフルに彩られていくだろうと思います。
自分とは違った視線によって、今で気付かなかった魅力に気づけたり、何故かすごく共感できる記事によって、これまでと違った魅力を再発見したり、そういう新しい気付き・再発見の手助けになればと。

文章力がないもので、お堅い言い方になってしまいましたが、無理せず、楽しくやれたらと思っています。
細かい規則もありませんし(常識的な事だけ、例えば人の悪口は書かない等)、ノルマもありません。皆さんからの提案も歓迎です。一緒にTeam1073をつくっていけたらと思います。

もしちょっとでも興味があったら、お気軽に応募して下さい!
(ささやかですが、オリジナルチームウェアをプレゼントします)



昨日、早速、お二人の方から問い合わせを頂いて、とても嬉しかったです。どうもありがとうございました。

募集方法について、市役所のホームページです。

募集のパンフレットです。(裏面が応募用紙になっています)




  • お知らせ

2016年12月07日 13:22

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。

これまで、夜高のミニハッピに「協」の文字でしたが(実はロゴでも何でもなかった)、正式なロゴが完成しました!
いかがでしょう?


シンプルですが、バランスのとれた良いデザインだなって思います。よく見ると線がただの真っ直ぐでなく、デコボコしてるのに温かみを感じます。パターンも用意しました。



分数の分子/分母をイメージし、”チーム/となみ”です。「チーム一人ひとりが砺波の一員」という意味を込めて作ってくれました。ゆくゆくは”TEAM = 1073”になるといいなと思います。砺波の全員が、砺波の魅力を感じて、新しく移住やUターンする人達を応援するような関係になれたらイイなと思います。それがTeam1073の究極の目標です。

それでは、新しいロゴ、よろしくお願いします!


  • お知らせ

2016年10月17日 17:10

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。

お知らせです。
今週末10/22(土)10:00〜16:30、”東京国際フォーラム ホールE”で、ふるさと回帰フェア2016が開催され、砺波市も参加します。



今回は、地域おこし協力隊1号の野水さんが参加予定ですので、お時間のある方は、是非、足を運んでみて下さい。

全国のたくさんの市町村が来てますので、ざっと見るだけでものどが渇くと思います。
その際は、砺波市のブースに来て、砺波市の豊富で美味しい水で作られた「いろはす」をもらって、のどを潤しながらお話を聞いてみて下さい。



それでは、お待ちしています!


  • お知らせ

2016年08月26日 16:33

砺波市地域おこし協力隊1号野水です。

9/30(金)〜10/2(日)の2泊3日(1泊2日も可)の日程で、県外の方を対象にしたツアーを行います。

今回は「となみで暮らすということ」をテーマに、
『住』に関する内容を盛り沢山に入れてあります。まさに「となみの住まい丸わかり」です。

主催はとなみ散居村ミュージアムです。県外の砺波市に関心をお持ちの方、お待ち申し上げております。




  • お知らせ

2016年08月16日 12:05

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。

今週末 8/20(土)、東京交通会館(有楽町駅すぐ)の3階グリーンルームで、「北陸新幹線4県合同移住フェア」が開催されます。4県は長野・新潟・富山・石川です。砺波市も参加します。私も参加予定です。

「自然暮らし」×「まち暮らし」という構図で、砺波市は「まちの暮らし」として出展します。砺波市は自然豊かな所ですが、ここでは「山」「海」が「自然暮らし」として定義されているので、砺波市としては「まち」という括りになります。
イマイチ分け方が良くないと個人的には思います。。

お時間のある方は、ぜひ、遊びに来て下さい!
(入場無料・途中、入退室自由、当日参加も可能です)

詳しくはこちらをご覧下さい。
8/20(土)北陸新幹線4県合同移住フェア



  • お知らせ