Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

Team1073

Team1073(チームとなみ)は、富山県砺波(となみ)市を好きな仲間が、砺波の魅力を伝えていきます。まずは地域おこし協力隊が、外から来た目線で感じたままに伝えていきます。「砺波を知らないけど興味を持った」「昔住んでいて懐かしい」等々で、砺波市に遊びに来たり、住んでみようかなと思ってもらえたら嬉しいです。何かありましたら、ご連絡を下さい。どうぞよろしくお願いします。
Facebook www.facebook.com/Team1073
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7
次のページ

2017年08月16日 08:00

こんばんは😃🌃
お盆になると毎日暑くて、夏中❗って感じですね😄まち記者すわっちです。
市役所のグリーンカーテンのゴーヤ君たちは元気いっぱいです✊連休明けの本日は大収穫でしたよ(^^)あんまりとれたので思わずゴーヤTONAMI😄




たくさん収穫があった日は、窓口で少しおすそわけさせて頂いてます♪お客様で持って帰られる方もおられます❗
ゴーヤチャンプルー以外のレパートリーがない私です😭
運良くゴーヤ君たちに出会えた方は(お持ち帰りを)お試しください(^^)


  • 日々の出来事

2017年06月20日 15:56

こんにちは。TEAM1073のイノッチです!

本日、東洋経済新報社が全国の都市(2017年6月19日現在814都市)を対象に毎年公表している「住みよさランキング」の2017年の順位が発表され、砺波市が、前年の3位から順位を上げて、なんと全国2位になりました!"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!! 拍手♪ 全国2位ですよ、2位!すごくないですか!?

ひとつの指標ではありますが、これからも自分たちのふるさとに誇りを持って、住んでみたい!住んでよかった!と思えるまちを目指して、新たな取組にチャレンジいきたいですね✨
住みよいまち砺波の魅力を皆さんにお伝えできるよう、これからもドンドン発信していきますので、面白いコト、素敵なコトがありましたら情報提供を待ってます(^^♪




  • 日々の出来事

2017年06月08日 12:00

まち記者 かっちゃん探検隊です。
散居村の中を練り回すあかり。

五鹿屋地区の行燈の一つ。荒高屋の田祭

いよいよ9日、10日で今年のとなみ野の夜高が
終わります。となみ夜高祭(出町)と同時期に行われます。


綺麗なあんどん。田んぼを照らす行燈の光が綺麗です。
国道156号から西側で見られる率が高いです。
#砺波市 #夜高 #荒高屋 #田まつり


  • 日々の出来事

2017年04月14日 09:48

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。

昨日は天気も良く桜の写真を撮ってきました。もう満開でした。とてもキレイです!今日から暖かくなるので、花見するのも良さそうですね。

今日は、昨年末に募集をした”Team1073まち記者”キックオフ会があります。10名ぐらいの仲間が集まってくれました。これから多彩な記事がアップされると思います。私もとても楽しみです。





















  • 日々の出来事

2017年04月04日 10:27

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。

私のパソコンが壊れてしまって修理に出したりして、しばらく記事がかけず、半月前ぐらいの話になります。

今回は、チャリではなく、自動車の話です。ふと見ると、後ろ左側のタイヤがフニャフニャです。あれ?パンク?まさか・・・
空気入れを探したら、10年以上前、北海道をテント積んでチャリで走っていたときにパンクして、その近くのホームセンターで買ったやつです。懐かしい。


見た目には分からないのですが、空気を入れても3日後ぐらいには2.4→2.0に空気圧が減ってます。やっぱパンクだろうなぁと思いつつ2週間ぐらい乗ってましたが、やっぱ空気が減ります。

こりゃダメだとあきらめて、職場の人に行きつけの車屋さんに連れて行って貰いました。そうしたら、すぐにパンクを発見!プクプク泡が出てます。ニッパーで少しずつ引っ張り出すと、1.5cmぐらいの小さな釘が刺さってました。







やっぱプロはすごいですね。簡単に直ってしまいました。もっと早く行けば良かった。どうもありがとうございました。

市役所の桜が咲き始めました。今週暖かい日が続くようなので一気に咲くでしょうか。





  • 日々の出来事

2017年03月06日 01:20

こんばんは、野口@地域おこし協力隊2号です。

昨日の夕方、文化会館に"Cake"というミュージカルを見に行きました。



文化会館の大ホールに入るのは初めてです。後ろの方の席でしたが、音響も良く見やすかったです。



"Cake〜ケーキ1個分の幸せ〜"は、「となみミュージカルキッズ」の子供達が中心になって演じるミュージカルです。ミュージカルはいいですよね。単純に楽しめました!楽しい音楽に歌に踊り、皆で一緒に作りあげる一体感、ホント勇気をもらって元気になります。
子供達は時間の無い中で一生懸命練習したんだと思います。もちろん個々のレベル差はありますので、最初はそれがかみ合わない感じでしたが、途中雰囲気に慣れ始めてからは、お互いにフォローする感じになり、最後には、個々のレベルなど気にならない程に皆一つにまとまってました。素晴らしいチームの演技でした。



子供達が主役なんですが、年長者お二人?も素晴らしかった。始まった直後は子供達が緊張して固い感じでしたが、その場を引っ張って舞台をつくり、発声、体の使い方、表現力など別格でした。継続するって凄いなと思います。(私は詳しく知らないので想像の話ですが)おそらく子供の頃は一番じゃなかった。それでも好きで諦めず継続することで、今ではこれだけの技術を身につけて、一緒に演じる子供達を励まし勇気と希望を与え、これだけ多くの観客に元気を与えている。素晴らしい仕事だと思います。

私も勇気と元気をもらいました。どうもありがとうございました。
是非、来年も見に行きたいと思います!


  • 日々の出来事

2017年03月02日 01:13

こんばんは、野口@地域おこし協力隊2号です。

2/26(日)に、先日「砺波駅の観光案内所」にガイドブックを配布に行ったときに、熱い担当者から教えてもらった「砺波駅にぎわい市」に遊びに行きました。今回は「べるもんた」特集でした。「べるもんた」は、JR城端線を走る観光列車です。

駅の階段の登り口に看板が出てました。とても分かりやすいです。


会場の入り口付近には記念撮影用の看板が置いてありました。中に入ると、まずケーキ屋さんと喫茶店の出張販売をしてました。この”いちごシュー”がとっても美味しそう。思わず衝動買い。\\200と高いですが美味しかった!(写真を撮り忘れてしまいました・・・)


部屋の中にはスタッフを含め全体で20〜30人ぐらい人がいました。思ったよりも混んでいます。ジオラマには子供達が集まっています。鉄道模型は、いつの時代もやっぱり子供達に人気ありますね。


「フォトコンテスト入選作品」の展示を楽しみにしていたのですが、写真の額のフィルムが外光で光ってしまって写真がよく見えません。きっと素敵な写真なんでしょうけど、肝心の写真がよく見えないとは・・・残念です。
またどれが大賞を取ったのか分からない。「優秀賞」が2作品あってこれが大賞?と思ったら、実際は「最優秀賞」作品があったようです。私は見付けられなかった。
もっと派手に展示してもいいのではないかなと感じました。撮影者の顔写真や、撮影にどんな苦労があったかなど、見ている人の興味を引くような展示をするといいのかなと。(図書館の”本に興味を持って欲しい”という気持ちで色々な工夫をしているのと同じ感じで)



”べるもんた”のお出迎え&お見送りは、意外と面白かったです。皆でぞろぞろと、駅の改札を通って(無料で入れてくれます)、べるもんたが到着するホームに降りて待機します。前回の反省を生かして、今回は皆さんに”チューリップの造花”が配られました。砺波らしくてイイなと思いました。そのチューリップを振って”べるもんた”をお出迎えします。車内はほぼ満席でした。年配の方が多い感じでしたが、人気がありますね。
終わった後に「本物のチューリップを1本でもいいから持ってきて、それを車内にあげればイイのに」と言っている方がいました。ごもっともです。「本物に勝るモノは無い」のでとても良いアイディアだと思います。こうやって進化する手作り感はとてもイイです。



ちょっと課題と思ったことがあります。砺波駅でやるイベントなのに、車で行きました。ほとんどの方が車ではないでしょうか?それなのに駅前の10台程度の無料駐車スペースは満車です。わざわざ有料駐車場に停めてまで行こうと思わないなと。もっと人を集めるには、車で来る人を考慮する必要があるのかなと。また、せっかくの駅のイベントなので、電車で来ると何かメリットがあるとイイなと思いますが、色々と難しいのでしょうね・・・

でも応援してます!また次回も行こうと思います。


  • 日々の出来事

2017年02月16日 13:59

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。

今日は晴天です!なので朝は冷え込んでとても寒かったけど、日も延びてきて不思議と体を動かしたい気になりますね。6:52に、山から日が出てきました。



2/13月、14火と地域おこし協力隊の研修会があって、東京に行ってきました。やっぱり東京は冬晴れでした。


最近、東京に行くと「懐かしいなぁ」って感覚になってきました。電車に乗ったら、皆スマホをやってて「そうそう、こういう光景を毎日見てたな」とか、マスクしてる人多いなぁとか、座席に大男が隣り合って座っているのを見ると「ポジション取りの無言のバトルがあるんだろうなぁ」とか。当時の電車通勤の辛かった気持ちが蘇ってきます。。

さて突然ですが、東京から砺波に移住してきて「使わなくなったモノ」「使うようになったモノ」のベスト3です。
まずは「使わなくなったモノ」ベスト3です。
@ ノイキャン付きBluetoothヘッドフォン
これはよく使いました。電車のノイズが消えて、静寂の時間が訪れます。通勤時間を快適にする一番の必需品でした。
A Felica(SuicaやEdyなど電子マネー)
電車に乗るためには必須。そのカードでコンビニや自販機で買い物が出来て便利なので、利用頻度が増えていきました。
B マスク
最初は乾燥した冬の風邪予防でしたが、いつの間にかマスクがあった方が落ち着くようになって半年ぐらいずっとしてました。最近「マスク依存症」って騒がれてますね。それだったのかな?




逆に「使うようになったモノ」ベスト3です。
@ 車
車は平日はほとんど乗ることが無くずっと車庫の中。土日にちょっと買い物に行くぐらいで、ずっと無駄だなぁと思ってました。
A 財布
財布を忘れたのも気付かないぐらいでスマホとFelicaがあれば生きていけました。
B 長靴
アウトドア派としては「長靴くらい必要だよな」と買ったみたけど、全然使わなかった。雨の日や冬の犬の散歩も裸足にサンダルでした。

”電車社会”から”車社会”に変わった事が大きく影響してます。あれだけ手放せないと思っていたモノが、今は全く使ってないという・・・人間って身勝手なものですね。

東京から帰ってきた2/14の夜、雪が降っていてビックリ!
何故か東京出張のタイミングで雪が積もります。2/12の日曜日にかまくら造りにチャレンジしてみましたが、やっぱり雪が足りなくて、ちょっとした山にしかなりませんでした。。
砺波は、思っていたよりずっと雪が少ないです。



  • 日々の出来事

2017年02月14日 17:46

野水@地域おこし協力隊1号です。

2/11(建国記念日)・/12と「とやま映像祭2017」が、県教育文化会館で催されました。
2日間共に、一日中、富山に関連する映像作品が上映されました。無料で、しかも先着200名にはドリンク・クッキーサービスも行われました。

2/11には、朝日町蛭谷(びるだん)の「夢創塾」塾長・NPOグリーンツーリズムとやま理事長の長崎喜一氏のテレビ映像が、本人登場の後、上映されました。長崎仙人とは親しくさせていただいてますが、いまだ夢創塾を訪ねたことはなく、その姿を詳しく知ることができました。是非、現地に伺いたいと思います。

また、締めに南砺市生まれの世界的育種家「稲塚権次郎」を描いた『NORIN TEN〜稲塚権次郎物語』が、遠縁にあたる稲塚監督のトークショーの後、上映されました。
稲塚権次郎を演じるのは、石川県七尾市の能登演劇堂ゆかりで、「無名塾」を主宰する名優仲代達矢。
稲塚監督は、元々仲代達矢の作品を撮っており、自分の親族の稲塚権次郎を演ずるのを仲代達矢に託したのでした。
映画には、権次郎生誕地の南砺市西明でのロケや、多くの南砺市民のエキストラが参加してました。

稲塚権次郎は、後にコシヒカリとなる米品種の開発に関わりました。もう一人の開発者、南砺市五箇山出身の鉢蠟清香氏も登場してました。2人共に、我がとなみ散居村ミュージアムでパネル展示しています。
その後、稲塚権次郎は、岩手県で後に世界的代表品種となる小麦

品種「NORIN TEN」を開発しました。この頃、岩手花巻では宮沢賢治が活躍していました。
本映画の参考文献となった『世界の食糧危機を救った男〜稲塚権次郎の生涯』の著者の千田篤氏によれば、権次郎と宮沢賢治には接点があったのではないかと言っています。
映画を見終えた後、仲代達矢と長崎仙人が重なって見えました。「無名塾」と「夢創塾」も似てますね。

また翌12日は、締めに高岡市出身の耶雲哉治監督の『百瀬、こっちを向いて』が、監督のトークショーの後、上映されました。甘酸っぱい、青春恋愛作品でした。
この耶雲監督の次回作が、4/1公開予定の『暗黒少女』ですが、この作品の主演が、今話題の清水富美加です。果たして無事公開されるか。渦中に巻き込まれた耶雲監督なのでした。


  • 日々の出来事

2017年02月02日 16:10

野水@地域おこし協力隊1号です。

今日の砺波は、朝久々に雪が積もりました。

さて、昨日、新潟県南魚沼市(旧六日町市)の「雪堀り応援団」に参加して来ました。
雪下ろし作業は人に頼むと、相場として「日当1万円プラスお銚子1本付き」とかと言います。今回はボランティアとして、お金を払って参加して来ました。

このイベントは、NPO六日町観光協会と南魚沼市社会福祉協議会が共催しているもので、社協が絡んでいるところが面白いと思いました。
平時に高齢者等の雪下ろしを、社協が地元ボランティアに依頼してやってもらっていますが、イベントとしても全国のボランティアをツアーとして募集することもやっているのです。
同じようなことを、砺波でもできないかと考えました。
砺波市社協さん・観光協会さん、いかがでしょうか?


  • 日々の出来事