Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

庄川ミュージアムガイド

庄川美術館に住むなぞの鳥、すざくと水資料館のまる太が庄川美術館と水資料館での展示やイベントの案内、庄川水記念公園の彩り豊かな四季の様子を紹介します。
メール info@shogawa-museum.jp
ホームページURL http://www.shogawa-museum.jp/

2018年11月22日 14:30

すごーく久しぶりなすざくです!

庄川美術館では11月23日(金)から
かがやき☆はんがー2018in庄川展ーが始まります。
県内の版画作家60名の作品が一堂に集まりますよ。

図工でやったことあるかも、な木版画から、これ、どうやって刷るの??な銅版画などいろいろな技法の作品がります。作家の皆さんからのコメントを掲載したコメント集も会場にあるので、作品とあわせて見てくださいね。
開催期間  11月23日(金)〜12月24日(月)
開館時間  午前9時〜午後6時(入館は午後5時まで)
休館日   火曜日
入館料   一般・大学生  410円(330円)
      65歳以上   330円
      小中高生    210円(160円)
※(  )内は20名以上の団体料金、
※障がい者(介護者1名を含む)は無料

企画展にあわせて常設展示も変更しました。
今回のアプローチギャラリーは外次郎さんの焼物を中心に展示しています。彫刻家なのに陶芸??
 実は外次郎さんは絵もよく描かれたので絵付けのお皿などもいくつも残っているのです。とっても味わいのある湯呑やお皿など8点ほかパリの修行時代のデッサンも展示しています。



25日(日)は午前10時から
コーラスグループVis-à-Vis (ヴィザヴィ)のジャズコーラスと出品作家野村修三さんのギャラリートークがあります。こちらもぜひ聴きに来てください。

【展覧会の集い】のご案内 ※参加無料
日時 11月25日(日) 午前10時〜
場所 庄川美術館企画展示室
■ジャズコーラス Vis-à-Vis (ヴィザヴィ)
■ギャラリートーク 野村 修三(出品作家)


  • 展覧会