Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

庄川ミュージアムガイド

庄川美術館に住むなぞの鳥、すざくと水資料館のまる太が庄川美術館と水資料館での展示やイベントの案内、庄川水記念公園の彩り豊かな四季の様子を紹介します。
メール info@shogawa-museum.jp
ホームページURL http://www.shogawa-museum.jp/
前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2016年07月31日 11:24

庄川美術館すざくです!┤゚◇゚ ├ノ
昨日表彰式、開会式が行われ

第23回中学生清流展

開幕しました!!
・゚★,。・:*:・゚☆♪( ^-^)/わぁ〜〜〜〜いヽ(^-^ )♪・゚★,。・:*:・゚☆




表彰式・開会式にはたくさんの方々に来館していただきました!
ありがとうございます!!





そして式がはじまります。

入選証の授与を砺波地区中学校文化連盟会長の広橋様より…



そして清流賞を当財団の夏野理事長より…



最後に北日本新聞社賞を北日本新聞社取締役高岡支社長棚田様より…



入選・入賞された皆さん、おめでとうございます!!
。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'“Congratulations”。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'

夏野理事長、棚田様、広橋様よりご挨拶をいただき
そして砺波市議会副議長の島崎様より祝辞をいただき




テ―――プカット!!






清流展の開幕〜〜〜〜〜!
皆さん額に入った自分の絵やお友達の絵、お子さんお孫さんの絵など楽しんでいらっしゃいました!




夏休み、皆様ぜひ足を運んでください!!┤^◇^ ├ノ

中学生清流展
会期 7月30日(土)〜8月14日(日) 期間中無休
開館時間 9:00〜18:00(入館は17:00まで)
入館料 無料


  • 展覧会

2016年07月22日 17:02

お久しぶりでございます。まるたくんです。どうやら北陸地方梅雨明けしたらしいですね。

さてさて、明日から、庄川水資料館では、H16清流展作品展-recollection 2-を開催しますよ
12年前の清流展で入選入賞を果たした作品の中から美術館収蔵となった9点の作品を展示しております。12年前って何していたかな〜何があったかな〜思い出せませんわ〜懐かしい気持ちで展示ご覧くださいませ




そして、今回は、以前、清流展で入選された方で、今も絵を描いたり、美術に親しんでいらっしゃる先輩方の作品も展示してますよ。
さらに、となみっ子なんでも工作工房のコーナーが設けてあります。夏休み期間、子どもたちの遊ビバ、学ビバとしても、どんどん活用してくだはれ。蒸し暑いので、体調管理お気を付けくださいね。
なんでも工作工房の「作品なりきりボックス」運搬の様子


  • ミニギャラリー

2016年07月21日 17:56

朱雀だよ!
 今日は6月18日19日の2日間で開催された砺波地区中学生写生会で描かれた作品の審査があったよ。
 砺波地区の14校から196点の応募があり、その中から入選作品100点と、入選作品内から清流賞北日本新聞社賞20点を審査員の先生方に選んでいただいたよ。





審査の結果は

トゥルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルッ









パン!!









30日に発表だよ!お楽しみに!!


  • 未分類

2016年06月29日 10:30

庄川水資料館のまるたですちゃ。
庄川水資料館では現在「藤井満男・建二 写真展」が開催中ながいぜ!


会場の様子もちょっこり見てか〜



満男さんの写真はどこかノスタルジックな雰囲気がするがいちゃ〜。「道」や「鮎と少年」が僕のおすすめですちゃ!(鮎がおいしs

建二さんの写真は独特の視点で気づかない日常を切りとっとるがいぜ。「浅い春」と「真夏の残像」が僕の心を揺らすがいぜ〜。

兄弟それぞれの視点が楽しめる写真展やちゃ!


そして!
TJとやま7月号にも記事を載せてもらったがいぜ〜(スイカおいしs)





藤井満男・建二写真展は7月18日までやちゃ!

隣の庄川美術館では7月10日まで「今をひたむきに 尾山章 版画展」が開催されとるがいちゃ〜、そっちも見に来てくだはれま!


  • ミニギャラリー

2016年06月10日 10:52

今日明日と開催される夜高が楽しみなすざくです!┤゚◇゚ ├ノ
(先週の庄川観光祭も盛り上がってたなぁ…!)

庄川美術館では現在


今をひたむきに 尾山章 版画展


開催中です!!


南砺市在住の版画家・尾山章の木版画大作31点、小品・スケッチ・年賀状など合わせて約100点を展示していますヾ(@^▽^@)ノ


第二展示室の様子もちょこり…



第二展示室には年賀状などの小品がいーーっぱい!
そしてアプローチギャラリーにも尾山さんの作品が!



明後日には展覧会の集いも開催されますよ〜〜゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/
皆様ぜひお越しください!

関連イベントのご案内

【展覧会の集い】  ※参加無料
日時  6月12日(日) 10:00〜
場所  庄川美術館企画展示室

■フルート演奏      フルートデュオ「きよら」
               ・高畠 厚子
               ・新保 里美
■ギャラリートーク    尾山 章


  • 展覧会

2016年05月23日 16:19

暑い日が続いております。水分たっぷり補給してくださいね。すざくです。
蒼いお空を眺めていると〜なんだか吸い込まれそうに・・・いや、ちょっと待ってください!どこかで見覚えあるこの色!!!水色というか空色というか・・・・

砺波市書道連盟展のポスターの色じゃないですか?(◆*艸'v`*)


さて、先日この展覧会で硯の展示についてもお知らせいたしましたが、
私すざく、恥ずかしながら「硯」について初心者でして、単なる墨を磨るためのものだと思っておりました。けれども今回、会員の先生方にいろいろ教わりました。「硯」って漢字は「石見」と書きますよね〜?そう!硯は「石を見るのです」硯の色や形、装飾彫刻など芸術的観点もさることながら、石そのものの個性も鑑賞するのだそうです。水に浸すとわかりやすいのだそうですが、石の表面に斑が浮かび上がります。その模様を楽しむのだそうです。墨も磨るのではなく、す〜っとなでるだけで、赤子の肌のようななめらかな石肌に溶けていくと言ったほうが表現的には合っている・・・・。
「硯初めて物語」続きは、美術館でどうぞ。。

いや〜、すざく、また学びましたぞ。

会期中は書道連盟会員の方がいらっしゃっています。ぜひ、わからないことや知りたいことを尋ねながら鑑賞してみては
書道だけに、スミ(?)には置けない奥深〜い世界でございます。
筆でさらさらと名前など書けたら素敵だな〜と思う
すざくでした。


  • 展覧会

2016年05月22日 10:42

庄川美術館、すざくです
だんだんと夏の足音が聞こえてくる季節ですね!
新緑がま、まぶしいぃい!w( ̄△ ̄;)w
元武も暑そう……。
















さて、庄川美術館では現在「第15回 砺波市書道連盟展」を開催しています!

















開催期間
     5月21日(土)〜5月29日(日)
時間
      午前9時〜午後5時 (最終日は午後4時まで)
料金
     一般・大学生:210円
     65歳以上:160円 
     高校生以下無料


15回目を記念して砺波市書道連盟会員のすずりも展示しています。
29日までと短い期間ですので皆様お早目にお越しください!

お待ちしております!!!┤^◇^ ├ノ


  • 展覧会

2016年05月13日 17:33

いやー゚。(*^▽^*)ゞ お久しぶりです。まるたくんです。やっぱり庄川っていいですね〜

(猫を被っているわけではございません、笑)
さて、庄川水資料館ミニギャラリーで、明日から素敵な企画展が始まりますよ〜(*^-^*)。6月12日(日曜日)までです。火曜日はお休み。
上の猫ちゃんなまえは「吉祥まねき」、作者は、井波の彫刻師 梅野浩壱さんです(●´艸`)。なんでも、作品を作るときは彫刻がより生活の中で身近に感じられ、たのしくなるようなものを心がけていらっしゃるそうです。そして、今回の展示はこんな感じです。さわって、ゆらゆら動かせる作品もありますよ〜。あ〜らゆらりんこ
優しくてほっこりした作品が並びます。
入館料は一般210円、高校生以下100円なのですが、常設展の観覧料を含んでいますので、庄川のことも学び放題ですので、この機会にぜひどうぞ
以上、まるたくんからのおしらせでした。


  • ミニギャラリー

2016年05月13日 14:08

なんというびっくり青空、美術館の塀の帯の色とかぶっていて、塀が一部消えたように見えた、すざくです。


もうじき日本画燦々が終わってしまう・・・こんな晴れた日なんだかもったいないなぁ〜と、思いながら花に水をあげようと外の蛇口に近づきました。すると、あじさいのつぼみが目に飛び込んできました、
やーねー早いな〜もう初夏だわ〜なんて下を向いた瞬間 オオーw(*゚o゚*)w わーっ ハートだヾ(@^▽^@)ノ ワーイ
虫食いの葉っぱかと思いきやそうではないらしいですぞ。
まるで、四つ葉のクローバーや〜
なんかいいことありそうな ちいさい美術館
日本画燦々−2016in庄川展−は日曜日までですぞ。
今しか出合えない作品に逢いにに来てくださいね。
以上、すざくのちいさい庄川美術館のちいさい出来事でした。


  • 展覧会

2016年05月08日 17:40

こんにちは、チューリップフェアが終わってしまって、少しさみしいすざくです。

さて、良いお天気に恵まれた今日、庄川美術館では日本画家で表具師の網谷真佐美先生をお招きし、とっても素敵なワークショップを開催いたしました。
(人´ω`*)♡


見本のミニ屏風を前に、簡単な解説から



まずは、カラフルな和紙を貼った屏風用の板を参加者の皆さんに選んでいただきました。どれも素敵な色で迷うわ〜(*´ー`*人*´ー`*)



そして、先生のお手本、「羽根」という屏風の蝶番(ちょうつがい)に当たる紙片を貼ります。大きな専用の刷毛で糊を塗ります。やっぱり、先生の手は職人さんの手です。なんか違います。

さあ、みなさんもやってみましょう!丁寧に真剣に黙々と



仕組みは、こんな感じです。片面ずつ乾いてからタガイチガイにはります。



糊が乾く間を利用して、寸法に合わせた紙に絵を描きます。思い思いの絵を心をこめて・・・。



今度は絵の乾き待ち〜



屏風に貼り付ける寸法に切ります。ピシッとまっすぐ切るには、結構コツが要りますぞ。



絵の裏に糊を塗ります。均一に薄く これがなかなか難しいですぞ。


貼ったど〜ヾ(*´Ο`*)/

出来たど〜
なんということでしょう。皆さんの絵がまた一段と素敵な屏風に・・・
実は、リバーシブルで使えます。

豊かな気持ちになりましたわ〜。
網谷先生、参加者の皆さん、今日は素敵な一日をありがとう〜。

以上、すざくでした。


  • 展覧会