Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2015年03月23日  17:30

取材同行で砺波に!

先週でしたが、20日(金)は、名古屋市内の某新聞社の記者さんが、砺波市への取材に来てくれました>>>

お互いに残された期間は限定されていますが、ありがとうございます!!!



まずは、3月7日にオープンの「農家レストラン大門」へ。



この看板の題字は、砺波市N市長の揮毫とのこと。
知らなかったです・・・。



左から、商工観光課T主幹、サイレント・ビューティF記者、S。



Fさんに食べていただいた、昼食の「恋茜」。
ボリューム満点でヘルシーです!
大満足のFさんでした。

農家レストラン大門代表Sさんからの一言
“この食器は、100年もの。この地区の皆さんから提供していただいたんです。”
“味付けは、化学調味料は一切使用してないんです。”


ホントに、砺波地方の伝承料理を改めて食べましたが、非常に美味しかったです〜!!!

自分たちがお邪魔したときは、ほぼ満席で、玄関で待ちがあるほどでした。大人気!!!


そして、今日のメインの取材先、大門素麺生産者の、Kさん宅へ・・・。



取材時間は、2時間に及ぶほど。

Kさん:“明日(21日)、甲子園でTの応援に行くからな!今日は2日分の仕事や〜!
     話聞きたい?ちょっと待っとれや。今、幻の素麺みせてやっちゃ〜”


と、じっと待っていると・・・



天日干しをしていただきました〜!


Fさん:“この一連の作業は大変ですね。軽い気持ちで、食べるのは失礼ですね!感謝して食べないと!!!”

さらに・・・“多くの取材の中でも、1番印象深いものになりました!”

S:“Kさん、個性的ですがあたたかいんですよ!”

無事に取材を終了!
Fさん、ありがとうございました。記事をしみにしてます!


取材終了後、フライデー・ライトは、広域圏内の砺波市・南砺市の担当者会議が、夜は砺波市内で懇親会!


そして、土日は名古屋、アパート内の大体の荷物を砺波持ち帰ってまいりました。

日曜日、ちょっとナゴヤドームの方に行くと・・・



全国からグルメが集合してましたが、並ぶ時間もなく、砺波へ舞い戻りでしたが・・・。


本日、名古屋に戻って、名古屋勤務の最終週になってしまいましたぁ〜!!!

ここへきて・・・ちょっとさびしい・・・。


  • PR活動