Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

増山城解説ボランティア 曲輪の会

増山城解説ボランティア養成講座の修了生を中心としたお城好きのグループです。国指定史跡「増山城跡」のガイド活動をはじめ、増山城跡でのイベントや定期的に各地のお城を訪れる「城攻め」などを行って楽しんでいます。文化庁の市民から文化力プロジェクトに参加しています。
メール kuruwano@gmail.com
ホームページURL http://blog.city.tonami.toyama.jp/group/kuruwa/
設立日 2010(平成22)年10月
会員数 38名
増山城戦国Tシャツ http://blog.city.tonami.toyama.jp/group/kuruwa/detail.jsp?id=1463
市民から文化力 http://www.bunkaryoku.bunka.go.jp/cgi-bin/shimin/detail.php?id=127
主な活動 2015.10.25 全国山城サミットin米原に出陣
前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2016年01月05日 09:03

あけましておめでとうございます。

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。
旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがとうございました。
今年も何卒ご指導、ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。
皆様に益々ご繁栄がありますよう心よりお祈り申し上げます。

曲輪の会事務局


  • お知らせ

2015年12月13日 09:42

12月12日(土)におこなわれた
キラキラミッション内のイベント

キャンドルアートに参加してきました!



曲輪の会は

戦国祭り前夜祭で使われた竹を再利用して

神保氏の家紋を!





他の団体も綺麗でした〜






  • イベント

2015年12月08日 17:05

本年度ふるさと「となみ」探訪事業で訪れた子供たちが
絵はがきをかいてくれました。








12月8日〜12月27日
午前9時〜午後9時

となみ散居村ミュージアムにて



会員のみなさまは12日のキャンドルアート設置後に見に行きたいと思っておりますのでよろしくお願いします。


  • ふるさと「となみ」探訪事業

2015年12月08日 10:56


砺波の新しい風物詩として冬のチューリップ公園をライトアップするキラキラミッションが12月1日より始まりました。

キラキラミッション内のイベントであるキャンドルアートに

曲輪の会として参加することになりました。


戦国祭り前夜祭で使用した竹のキャンドルを利用したいと思っております。


 キラキラミッション詳細

 下記に詳細がありますのでご覧くださいませ。皆様にはご多忙のこととは存じますが何卒多数のご参加を頂きますようよろしくお願い致します。
1)日程   12月12日(土曜日)
       設置 16:30〜
       撤去 20:00〜
2)集合場所 となみチューリップ公園 北門付近 (文化会館側です)
3)服装   昨年は積雪がありました。防寒して来てください。
4)出欠連絡 【厳守】12月11日(金)


  • お知らせ

2015年11月19日 11:22

「七尾城跡と地域づくり」


日時 平成27年11月21日(土)13時30分から4時頃まで。
場所 七尾サンライフプラザ 視聴覚室
聴講無料
地域の人々と一緒に増山城の魅力を楽しく発信している砺波市の野原氏をお招きし、これからの七尾城跡の活用方法を探ります。
七尾城跡の最近の調査成果や地域活動などの報告があります。地元向けのシンポジウムですが、興味のある方は是非ご参加ください。









国史跡指定記念シンポジウム

『戦国の城と道の実像を探る』

〜加越国境城跡群及び道〜




北陸の天王山−前田利家と佐々成政の攻防の舞台が今よみがえる

城好きで有名な『笑点』でおなじみの春風亭昇太氏、漫画『センゴク』シリーズ作者で七尾市出身の宮下英樹氏、城郭考古学者で奈良大学学長の千田嘉博氏、金沢城でおなじみ研究所所長の木越隆三氏、石川考古学研究会会長の谷内尾晋司氏が登壇し、落語あり、講演あり、パネルディスカッションありと城ばなしに花を咲かせます!

■目的
 平成27年10月7日に、「加越国境城跡群及び道 切山城跡 松根城跡 小原越」が国史跡に指定されました。この史跡の価値を広く知っていただき、保存・継承していく契機とすることを目的として開催します。

■ 内容
 ・記念落語 春風亭 昇太 氏(落語家、『城あるきのススメ』〈小学館〉著者)
 ・記念講演 『加越国境城跡群の歴史的意義』 千田 嘉博 氏(奈良大学 学長、城郭考古学)
 ・調査報告 『天正12年の加越国境の戦い』 木越 隆三 氏(石川県金沢城調査研究所 所長、歴史学)
 ・調査報告 『加越国境城跡群及び道の調査成果』 向井裕知 氏(金沢市文化財保護課)
 ・パネルディスカッション『戦国の城と道の実像を探る』
   コーディネーター
     谷内尾 晋司 氏(石川考古学研究会 会長、考古学)
   パネリスト
     春風亭 昇太 氏、千田 嘉博 氏、宮下 英樹 氏(漫画『センゴク』〈講談社〉シリーズ作者)、
     木越 隆三 氏、向井裕知 氏
■開催期間  2015年12月6日(日曜日) 13時00分〜 16時30分( 開場12時30分)
■開催場所  石川県文教会館 ホール(〒920-0918 金沢市尾山町10番5号 電話番号 076-262-7311)
■対   象  どなたでも
■定   員  500名
■料   金  無料




  • お知らせ