Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

増山城解説ボランティア 曲輪の会

増山城解説ボランティア養成講座の修了生を中心としたお城好きのグループです。国指定史跡「増山城跡」のガイド活動をはじめ、増山城跡でのイベントや定期的に各地のお城を訪れる「城攻め」などを行って楽しんでいます。文化庁の市民から文化力プロジェクトに参加しています。
メール kuruwano@gmail.com
ホームページURL http://blog.city.tonami.toyama.jp/group/kuruwa/
設立日 2010(平成22)年10月
会員数 38名
増山城戦国Tシャツ http://blog.city.tonami.toyama.jp/group/kuruwa/detail.jsp?id=1463
市民から文化力 http://www.bunkaryoku.bunka.go.jp/cgi-bin/shimin/detail.php?id=127
主な活動 2015.10.25 全国山城サミットin米原に出陣
前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2018年05月30日 18:24

 皆さん増山城跡すぐ近く、「ハマグリザカ」ご存知ですか?
 私は昨年3月まで全く知りませんでした。
 近所の人に聞かれて 「えっ!!増山城跡近くにそういう所あったの?」 という始末。
 つい6〜70年前まではそこではハマグリの化石が採れた。
崖下の地面に白い粉みたいなものが落ちていて、その上部にハマグリの化石があったとか。

 早速、野原さんに照会。
 即、野原さんから親切な回答。さすがですね!!
野原さんからは 「今は採れない」 という話でしたが、すぐにシャベルを持って蛤坂へ直行。あっちこっちシャベルで掘ってみました。が、やっぱりダメ。
 でも、ふるさととなみ「探訪事業」の小学生には「ここ(増山城跡付近)は昔は海の底だったのだぞ」とひとこと付け加えています。


 本保澄雄
 


  • 未分類

2018年05月27日 15:43

 5月27日(日)青空の下、増山城跡遊歩道で草刈りが行われた。これは砺波の宝・増山城跡をきれいにしょうと毎年地元の人たちが3世代交流で行っているもの。
 曲輪の会からも12名の出席があった。
汗をかいた後のバーベキューはまた格別。

草刈前 曲輪の会のメンバー

草刈りをしながら増山城の説明を聞く


すっきりした堀切


野原学芸員の説明に聞き入る子どもたち

自宅から歩いてきました。ビールは何本でもOK


北日本新聞 5月28日
      
本保澄雄


  • ガイドレポート

2018年05月18日 07:22

今年も増山地区世代交流事業・増山城跡草刈が行われる。

 月  日:5月27日(日)
 時  間 9時〜12時30分(小雨決行)
 集合場所:増山陣屋前駐車場 
 参  加:各自治会・団体 地域住民、曲輪の会など200名以上
 草刈場所:増山城跡遊歩道一帯

 終了後バーベキューで交流

昨年は曲輪の会からは9名参加。
終わった後のバーベキューは格別。
今年も多数の参加を期待。
 

本保澄雄


  • イベント

2018年05月02日 21:30

石川県白山市(旧鳥越村)の国史跡・鳥越城跡。
復元された城門にて草なぎ剛と新垣結衣主演の映画「BALLAD」の撮影もされました。
こちらでも白山市の学芸員の方に詳細に解説いただきました。


一向一揆の栄光と挫折を見た城。使用期間は10年未満と短い。

先程訪れた二曲城を見下ろし、それよりも規模はずっと大きい。




縄張りは見事ではあるものの、織田軍により最低2度は焼き払われており、炭化米や焦土層の厚さが戦の凄惨さを物語ります。空堀など見事ではあるものの、織田軍により再整備された際に一部が埋められています。


死者埋葬の跡も発見され、甲冑の破片なども出土しています。
復元された城門等が目を引きますが、遺構の大変見事な城郭です。

Yoshihisa Anda



  • 未分類

2018年05月02日 21:17

石川県白山市(旧鳥越村)の二曲城跡。
街道を挟んで向かい側の鳥越城と並び、一向一揆の重要拠点となりました。
紀伊から派遣されたという鈴木氏が守っていたが、織田軍による和睦の騙し討ちに遭って落城。
鈴木氏の姫は美貌で知られ、その名を取った城だそうです。


道の駅一向一揆の里の裏手から登城できます。
独立峰に築城されていますが、いたって規模は小さく、最近復元されたという土塁からは土嚢も見えました。


しかし登城中に偶然白山市の学芸員の方にお目にかかり、詳細な解説をいただき感激するとともに、限られた予算等の中での保存・復元の難しさや奮闘を知る次第でした。


Yoshihisa Anda


  • 未分類