Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

増山城解説ボランティア 曲輪の会

増山城解説ボランティア養成講座の修了生を中心としたお城好きのグループです。国指定史跡「増山城跡」のガイド活動をはじめ、増山城跡でのイベントや定期的に各地のお城を訪れる「城攻め」などを行って楽しんでいます。文化庁の市民から文化力プロジェクトに参加しています。
メール kuruwano@gmail.com
ホームページURL http://blog.city.tonami.toyama.jp/group/kuruwa/
設立日 2010(平成22)年10月
会員数 38名
増山城戦国Tシャツ http://blog.city.tonami.toyama.jp/group/kuruwa/detail.jsp?id=1463
市民から文化力 http://www.bunkaryoku.bunka.go.jp/cgi-bin/shimin/detail.php?id=127
主な活動 2015.10.25 全国山城サミットin米原に出陣
前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2017年07月07日 16:49

 本日(7月7日)砺波南部小学校6年34名が、「ふるさと『となみ』探訪事業」として国指定史跡・「増山城跡」を探訪。
 同校は過去から熱心に増山城跡について学んでいる学校。今回もたくさんの質問がありレベルの高さを感じました。


 又兵衛清水(またべえしょうず)では又兵衛清水の名前の由来や山城での水の大切さを勉強


     二の丸では増山城の歴史や縄張りを勉強


     二の丸で一休み。水分補給もOK





 同校平成26年度卒業生が全員で作ってくれた「増山城跡」案内パネル(増山陣屋に掲示)  
               本保澄雄


  • ふるさと「となみ」探訪事業

2017年06月29日 15:05

本日(6月29日)砺波市最大のマンモス校・砺波東部小学校6年生137名が、ふるさと「となみ」探訪事業として国指定史跡「増山城跡」を探訪。
 砺波市最大のマンモス校とあってガイドも8名が協力。山は大変なにぎわい。児童たちは長袖、長ズボン、長靴と虫よけ対策もバッチリ(ちょっと暑かったかな?)熱心にメモを取ったり、鋭い質問があったりして楽しいひと時でした。

    子どもたちのパワーに圧倒されそう


     熱いので長袖を脱ぐ子も



      冠木門付近は大にぎわい


増山城跡のことよくわかったね。今度は家族で来よう。その時は私が先生。

                 本保澄雄


  • ふるさと「となみ」探訪事業

2017年06月20日 15:15

本日(6月20日)砺波北部小学校6年生67名がふるさと「となみ」探訪事業として国指定史跡・砺波の宝「増山城跡」へ登ったよ!!
 みんな元気に登ったよ。砺波の宝「増山城跡」のことがよくわかったよ。








曲輪の会 本保澄雄


  • ふるさと「となみ」探訪事業

2017年06月11日 09:13

(2017.6.9 北日本新聞記事要旨)
 砺波市教育委員会は2019年度から、国指定史跡「増山城跡」の活用に向け、城内などを整備する。戦国山城の姿を次代に継承するため、ハードよりソフトを重視し、誘導と安全性に配慮する内容にした。

 城内数十カ所に史跡名称や総合案内、遺構解説、遺構名板、誘導などの表示・案内板を設置する。
 一の丸に転落の注意喚起を目的にした長さ約90メートルの柵を設ける。
 七曲り登山口に高さ約2・9メートルの木製の門を建てる。
 二の丸にはベンチを3基設ける。

 周遊性を高めるため、増山陣屋から和田川ダム湖対岸にある城下町土塁跡まで、656メートルの散策路を整備。
 14年の大雨で崩落した遊歩道の土砂も除去する。

 市教委生涯学習・スポーツ課は「全国的に見ても良好な保存状態で、できるだけ手を加えず、市民による利活用を重視したい」としている。
                  本保澄雄


  • 基本情報

2017年06月07日 17:01

本日(6月7日)、砺波市立鷹栖小学校6年生26人が増山城へやって来ました。ふるさと「となみ」探訪事業の一環として、国指定史跡増山城跡を訪れたものです。ガイドは曲輪の会の渡辺(昭)、本保が務めました。児童たちは熱心に質問をしたり、メモを取ったりして増山城についての知識を深めました。


                 増山陣屋前
                                本保澄雄


  • ガイドレポート