Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

増山城解説ボランティア 曲輪の会

増山城解説ボランティア養成講座の修了生を中心としたお城好きのグループです。国指定史跡「増山城跡」のガイド活動をはじめ、増山城跡でのイベントや定期的に各地のお城を訪れる「城攻め」などを行って楽しんでいます。文化庁の市民から文化力プロジェクトに参加しています。
メール kuruwano@gmail.com
ホームページURL http://blog.city.tonami.toyama.jp/group/kuruwa/
設立日 2010(平成22)年10月
会員数 38名
増山城戦国Tシャツ http://blog.city.tonami.toyama.jp/group/kuruwa/detail.jsp?id=1463
市民から文化力 http://www.bunkaryoku.bunka.go.jp/cgi-bin/shimin/detail.php?id=127
主な活動 2015.10.25 全国山城サミットin米原に出陣
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2018年05月18日 07:22

今年も増山地区世代交流事業・増山城跡草刈が行われる。

 月  日:5月27日(日)
 時  間 9時〜12時30分(小雨決行)
 集合場所:増山陣屋前駐車場 
 参  加:各自治会・団体 地域住民、曲輪の会など200名以上
 草刈場所:増山城跡遊歩道一帯

 終了後バーベキューで交流

昨年は曲輪の会からは9名参加。
終わった後のバーベキューは格別。
今年も多数の参加を期待。
 

本保澄雄


  • イベント

2018年04月27日 09:01

5月12日 増山陣屋で 【陣屋deマルシェ】が開催される。これは昨年好評だったことを受け砺波市境域委員会が昨年に引き続き開催するもの。
 若い女性や家族連れに増山城を知ってもらい、またゆっくり楽しんでもらうことが狙い。
 今年はイベント限定商品を昨年の4品から7品に増加。 
曲輪の会もグッズ売り出しの予定。
 【増山城カフェハイク】ではガイドが増山城を案内。富山の名水に選ばれている又兵衛清水の水で沸かしたコーヒーサービス付き。勿論無料。
 昨年は約400人が来場。今年はそれ以上の来場者数を期待。
 詳しくはチラシで。




    
本保澄雄


  • イベント

2017年12月29日 08:13

今年もあと数日で終わり。2017年の「増山城跡」および「曲輪の会」の5大ニュースとして独断と偏見でまとめてみた。

1.「続・日本100名城」に選定される。
  4月6日 日本城郭協会は「続・日本100名城」を発表。県内からは増山城跡と富山城が選定された。
  ブログなし。4月7日 北日本新聞 他

2.増山城跡 19年度から整備 砺波市教育委員会   6月11日 掲載

3.7月22日初開催「陣屋でカフェ」に参加
   曲輪の会は「又兵衛清水の湧水でいれたコーヒーを飲んで森林浴するカフェハイク」に協力
    ブログ なし
 
4.戦国祭りに参加・協力
  増山城を訪れた人は戦国ロマンに思いをはせ、多彩なイベントを楽しんだ。曲輪の会は「城攻めウオーク」に協力。   9月24日 他 掲載

5.ふるさと「となみ」探訪事業で小学生をガイド
  延べ 8校、児童数424名 ガイド者30名  6月7日 他 掲載 

番外編  ・加賀藩試(私)鋳銭    4.12掲載
      ・増山城 草刈に参加    5.30掲載
      ・文化財センター第3回オープンデーに協力    7.23掲載
      ・台風一過 増山城跡は?  10.24掲載
      ・じっくり古文書   11.7掲載
      ・岩村城攻め     掲載なし

    
本保澄雄


  • イベント

2017年11月07日 16:02

11月4日 「曲輪の会」で  「じっくり古文書講座ー永禄三年の長尾景虎書状を読むー」 が行われました。 14、5名の参加がありました。

講師は 「曲輪の会」会員の川幡拓未 さん
教材は  永禄三年 四月二十八日 佐竹(義昭)宛て 長尾景虎書状
 あの有名な「…増山之事、元来嶮難之地、…」の書状(一部略)でした。

 講座内容は 古文書そのものを解読するものではなく、翻字、訓点付き文書の「読み下し文」の解説及びこの書状が書かれたいきさつや当時の越中の越中の状況などについての詳しい説明でした。

 レジメ資料として
 〇四月二十八日付長尾景虎書状(原文)翻字訓点付き
 〇同上(読み下し文)
 〇語句解説、助詞、下から返ってって読む字
 〇永禄三年の戦いの後の経過
など、親切に解説されており、大変わかり易いものでした。

また当時の様子を詳しく解説され大変参考になりました。これだけの資料作成大変だったと思います。川幡先生に本当に有難うございました。
 次回の講座を期待しています。


現在、富山市郷土博物館で「特別展 謙信越中出馬」が開催されています。(11月12日まで)
 同展には上記書状は展示してないようですが第3次増山城攻(天正4年)に際し 栗林次郎左衛門尉殿宛ての書状が展示してあります。

本保澄雄


  • イベント

2017年07月23日 14:27

    

砺波市埋蔵文化財センター
  
「第3回オープンデー」 7月22日(土)

        
曲輪の会も協力しました



「火起こし」 このような道具は江戸時代から 古代はもっと大変だった
 

  「弓矢体験」  古代の弓は木でできていた



  「とやま城郭パズル」  富山県には大小合わせて400以上の山城があった



  「勾玉づくり」 勾玉は古代の装身具 古墳時代には権力の象徴だった
 

「はた織り」 今年から新たに加わった 
本保澄雄


  • イベント