Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2016年10月21日  19:12

位置情報 × ICT = ∞!

どうもこんにちわ。Mです。

北陸情報通信協議会が開催している

「第3回 G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール」

の一次審査の結果が発表されました。
(※G空間情報(地理空間情報)とICT(情報通信技術)を活用したまちづくりのコンクールです!)






引用元ページはこちらから飛べるページです!
上図の赤枠内!

(直リンクしようとすると、404エラーになってしまう・・・なぜ?)



↓入賞提案(括弧内は提案者)

★災害時における携帯端末を用いた避難共助支援システムの提案(金沢大学)

★位置情報を持った無料傘貸し出しによる観光案内「コンビニアンブレラ」(金沢工業大学)

★危険を知らせるリストバンド「身につける交通事故対策」(金沢工業大学)

★G空間データを用いた地域総合防除のための獣害対策支援 「獣害のない里山づくりを目指して」(福井工業高等専門学校)

★1億人が作る日本地図(富山県立大学)

※それぞれの提案概要は、引用元ページからをご覧ください!


この中でσ(゚∀゚ )ワタシが注目したのはこれ!

★危険を知らせるリストバンド「身につける交通事故対策」(金沢工業大学)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
概要(サイトから引用)

歩行中の高齢者に危険を知らせるリストバンドです。あらかじめ事故多発地点や
見通しの悪い道路、曲がり角などの危険箇所の位置情報をリストバンドに登録。
リストバンドを身につけている歩行者がその場所を通ると光や音、振動で危険を
知らせる。車側には小型ビーコンを搭載し、リストバンドを身につけている歩行者
が近くにいると音で運転手に知らせる。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ふむふむ・・・。

車を運転していて、昼間は歩行者がよく見えるので大丈夫なんですが、やっぱり夜間は歩行者が見づらいですよね!

歩行者・運転手双方の「安全確保」を補助してくれそうな提案だと思います!





が、注目したのは実はそれだけではないんですね(ΦωΦ)フフフ…

皆さんは、以前公開した「クマ目撃情報」というオープンデータを覚えておられるだろうか・・・!






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↓ブログ記事内のアイデア↓

@クマ目撃情報のデータ
A防災アプリ等
BスマホのGIS機能

を上手いこと組み合わせたら、

クマ出没地帯に近づくと「クマ注意!」のようなメッセージをだせないか!?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

これが、

上記のリストバンドの提案 × クマ目撃情報のオープンデータ

で、σ(゚∀゚ )ワタシが思い描いている形が実現できそうではないですか!!

座標情報付きのクマ目撃情報も20件ほど集まってきて、データとしての面白みがジョジョにでてきたので、

是非コラボをお願いしまっす!!!

(勝手なことを言ってます(m´・ω・`)m ゴメンナサイ…)

−−−−−−−−−−−−−−−

ちなみに・・・、

富山県の自然保護課さんでも「クマっぷ」という

富山県内のクマ目撃情報をgoogleMAP上で公開されています。

県内全市町村分の3年間のデータが見れるので、すごいです!!

−−−−−−−−−−−−−−−


話は戻って、

入賞提案のプレゼンテーションが11月26日(土曜)にありますよ!

興味のある方は是非見に行きましょう!!!

☆。.:*:・'゜ヽ( ´ー`)ノ まったね〜♪


( ´∀`)゚Д゚)・∀・)゚∀゚)・ω・)´_ゝ`)`∀´> ̄ー ̄)*゚ー゚)-_-)゚∋゚)=゚ω゚)



  • 電波壮年的etc...