Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

神出鬼没なユズ太の部屋

神出鬼没なユズ太の部屋(しんしゅつきぼつなゆずたのへや) 砺波市役所2号別館に勤務する商工農林部のチームです。商工・観光や農業、屋敷林に関するホットな話題を発信していきます。 各種イベント情報、スタッフの話題の裏側、砺波の特産品や見どころの小話など、少し違った視点からお伝えします。 また、健康なからだと、豊かなこころを育む上で大切な「食」を担う砺波の農業に密着し、食育と地産地消を推進していきます。
前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2016年07月05日 19:14

2016年7月5日 今日の給食の献立は・・・「となみ育ちのたまねぎいっぱ〜い給食」です!!
砺波市立全ての幼稚園・小学校・中学校給食(児童生徒教職員4,836食)が砺波市産たまねぎづくしの献立になりました。

8校(園)ではこどもたちと地元のたまねぎ生産者が一緒に会食を楽しみました。その中から、庄川小学校におじゃましたときの様子をご紹介します。


JAとなみ野のたまねぎイメージキャラクター「たま吉くん」登場(^^)
たま吉くん http://www.ja-tonamino.jp/tamakichi


今日はちょっと小さなたま吉くんです・・・


本日の献立
左下 ごはん(砺波市産米)
右上 牛乳(富山県内産牛乳)
中央右 ポークチャップ(砺波市産玉ねぎ・砺波市産にんにく)
中央左 玉ねぎドレッシングの海藻サラダ(砺波市産玉ねぎ使用のドレッシング)
右下 オニオンスープ(砺波市産玉ねぎ)
左上 ヨーグルト(富山県産ヨーグルト)


いただきます!!
こどもたちに気に入ったメニューを聞いたところ
第1位 ポークチャップ
第2位 オニオンスープ
肉やベーコンと玉ねぎの旨味の相性がGOOD!
どのメニューも大人気(^^)


たまねぎクイズ!!
第1問 砺波で作っている玉ねぎの名前は何というでしょう?
(1) 雪たまねぎ
(2) 白たまねぎ
※答えは一番下にあります。


第2問 わたしたちは、たまねぎのどの部分を食べているのでしょう?
(1) 根
(2) 葉


第3問 7月に給食は15回ありますが、そのうちたまねぎを使った料理は何回出るでしょう?
(1) 8回
(2) 13回


たまねぎについて古上野機械利用組合の生産者Fさんから教えてもらっています。昔は玉ねぎを小さなカゴにめいいっぱい入れて運ぶのが大変でしたが、今は機械も使って一度にたくさん運べるようになってきました。


今年はこんなに長い「ねぎ坊主」ができてしまった場所があったそうです。


たまねぎづくりをしてよかったなぁと思う時は?・・・作ったたまねぎをおいしく食べてくれるこどもたちを前に笑顔で説明する生産者Fさん。※生産者お二人ともFさんです。


ごちそうさまでした!
みんなで片付けます。


小学校の配膳室です。こどもたちの楽しい食卓をつくるため、安全と清潔に気を遣っていますよ!


本日の砺波平野。
緑いっぱいの季節を迎えています。



特別給食「となみ育ちのたまねぎいっぱ〜い給食会」は、富山県『未来につなぐ「農」と「食」普及啓発事業』による補助を受けて実施しています。



健やかで心豊かな生活の基本は「食」
第2次砺波市食育推進計画 http://www.city.tonami.toyama.jp/tonamisypher/www/info/detail.jsp?id=9879



たまねぎクイズの答え
 第1問 (1) 雪たまねぎ
  たまねぎ http://www.ja-tonamino.jp/tokusan/tamanegi
 第2問 (2) 葉
  玉ねぎの雑学 http://tamanegis.net/zatugaku.html
 第3問 (2) 13回
  7月の献立表 http://www.city.tonami.toyama.jp/shisetsu/kyushoku/ks_hp/28kondate/28_7kondate.pdf
 ※7/7 回数が間違っていたので直しました。ごめんなさい。



from KZ


  • 食育

2016年05月21日 12:00

砺波平野 21℃ 晴れ

1年で最も日照時間が長い砺波の5月、太陽の光がまぶしい日が続いています。

散居村。我が家の周囲には、我が家の田んぼがあるのですが、農地中間管理機構にお世話いただいて数年前から近所の大規模農家に耕作いただいています。

今日はそのうち1枚の田植え作業中〜〜



田んぼの一部に宅地があり、微妙に角度も違う変形田なので、どうしても列に不整合が…ここは適当、いや適切に。


隣の田んぼは直播き(じかまき:稲を種のまま植えたもの)の田んぼです。
よく見ると芽が出ています。


家の前の田んぼは、となみブランド「たまねぎ」です。
奥に見えるのがたまねぎ。収穫の時期が近づいてきましたよ^_^
手前は自家菜園です。


By KZ


  • 特産品

2016年04月06日 14:11

新年度が始まりました!
今年は早い時期から暖かくなり、すでに春真っ盛りですね!!

もうすでに桜の開花が見られ、
お花見に行かれた方もおられると思いますが
改めてこの時期にオススメのイベントを紹介します!!

すでに始まっていますが
2016年4月3日(日)から2016年4月17日(日)にかけて

第6回 庄川峡桜まつり が

庄川水記念公園・遊歩道で開催されています!




桜はもちろん見所ですが、他にも庄川温泉郷ペア宿泊券など
豪華景品が当たるガラポン抽選(3日・9日・10日・17日)や
10日(日)には、チンドンさんとそぞろ歩きお花見など
多数のイベントがございます!!


現在、見頃を迎えていますので
ぜひご家族や友人とお早めにお越しください(^^)





  • イベント

2016年01月18日 19:20

大学入試センター試験で砺波平野の散村について出題されました!
(地理B 第3問 設問4)
またまた地元五鹿屋地区の話題ということで、勝手に掘り下げて解説させていただきます〜



独立行政法人大学入試センターwww.dnc.ac.jpの出題から引用


写真は砺波市荒高屋が中心で、一部、砺波市庄川町天正が写っています。展望スポットからの撮影なのか、航空写真なのかは不明です。

(1)土地改良事業(圃場整備)は、耕作機械を効率的に使うことを目的としていますので、耕地の区画や道路の多くは直線状に整備されています。右下から左上に走る広い道路(国道156号:岐阜市〜高岡市)が曲線状に見えるのは、交通量が多いため曲線を緩和するよう整備されているのです。

(2)このあたりは、典型的な「散村」の景観が見られます。恒常風が季節を問わず南西方向から強く吹くのに対応し、「カイニョ」と呼ばれる屋敷林は主に家屋の南西側に配置されています。この写真は南南西から見た構図なので、家屋の手前側に屋敷林が確認できます。
屋敷林 http://www.city.tonami.toyama.jp/cit/sankyo.html

(3)(4)散村のメリットは、何と言っても耕作地が自宅に隣接していて便利なことが挙げられます。一般的には、大規模な開拓により散村が成立することが多いようで、北海道の屯田兵村やアメリカのタウンシップ制が有名です。(砺波の農家の経営規模は比較的小規模なので、回答枝(4)の内容も正しいように感じてしまいそうです。)
近年は基幹農家や農業法人が大規模に受託することが多くなってきており、農家は減少しています。しかし、経営効率が良くなり、稲作のほか、玉ねぎやニンジンの産地化にも取り組み始めています。
砺波ブランド 雪たまねぎ http://yokoso.city.tonami.toyama.jp/kanko/www/special/brand/detail/item_10.html


Google Maps



その他、砺波の散村に関する資料は
砺波正倉 http://1073shoso.jp/www/book/index.jsp
にたくさん掲載されていますよ!


from KZ(砺波カイニョ倶楽部会員)
センター試験の地理は超得意でした。


  • その他

2016年01月06日 11:16

2016年、あけましておめでとうございます!

本年も、チーム商工農林部をよろしくお願いいたしますm(._.)m


さて、新年一発目のイベントがこちら↓↓↓



「厄払い鯉の放流」





こちらは、庄川町金屋地区に江戸時代より伝わる神事です。

厄年にあたる老若男女(男性は、数え年7、13、25、42、61歳、女性は、数え年7、13、19、33、61歳)が「長寿」「学業成就」などを願い、御神酒を与えられた鯉に一人ひとりが手を触れ、庄川へ放流するという、全国的にも珍しいもの。




地域の伝統行事として、約200年の歴史を誇ります。

この行事は、基本的には地域住民によるイベントですが、いろんな方にこの行事を体験してもらうべく、一般参加型の第二部もあります!

見学はもちろん自由ですので、ぜひこの奇祭をごらんになってはいかがでしょうか。

厄払い鯉の放流

日時:平成28年1月7日(木)

場所:鯉恋の宮(庄川水記念公園 ウッドプラザ向かい)

時間:第一部(厄年祈祷大祭) 午前11時〜
    第二部(一般参加)    正午〜



  • イベント