Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

神出鬼没なユズ太の部屋

神出鬼没なユズ太の部屋(しんしゅつきぼつなゆずたのへや) 砺波市役所2号別館に勤務する商工農林部のチームです。商工・観光や農業、屋敷林に関するホットな話題を発信していきます。 各種イベント情報、スタッフの話題の裏側、砺波の特産品や見どころの小話など、少し違った視点からお伝えします。 また、健康なからだと、豊かなこころを育む上で大切な「食」を担う砺波の農業に密着し、食育と地産地消を推進していきます。
前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2017年08月15日 11:54




砺波市苗加のお宅を訪問
東西南北、木だらけで家が見えません








ご主人が木や薬草について説明されました








屋敷林の中は、外より7度も涼しいです

(屋敷林の中)
 玄関      28℃
 日陰      29℃
 前庭(日なた) 32℃

(屋敷林の外)
 アスファルト  32℃
 田んぼ     35℃








木の実を拾ったり、虫を見つけたり、
思い思いに楽しみました
(もっと探検したいよ。自由時間ちょうだーい、とのこと)








地元にこんなすごい工場があるんですね
北陸コカ・コーラ砺波工場の見学








砺波の景色はほかとは違うの??
散居村展望広場から眺めを堪能








田植え直後の夕焼けは絶景!
砺波カイニョ倶楽部さんも応戦






この日のために、小学生用の国語辞典を引き、
簡単な言葉でどう伝えるかが課題でした。



心配された天気ももち、
参加者の方からも概ね満足との感想をいただき、
担当として報われた思いでツアーを終えました。


ご協力いただいた砺波カイニョ倶楽部のDさんや、
説明方法をご指導いただいたT先生、
バスを運転してくださったM係長、
その他関係の皆さまに感謝します。
ありがとうございました。



さて、
「来年もまた参加したい」
「継続が大切」




  ああ、 To Be Continued・・・




  From 彩


  • 交流

2017年08月09日 21:33

8/27に開催するチャレコン地方大会まで、残りわずか。

夏休み期間を利用して、子供たちの製作活動もラストスパート!


今回はその一部をご紹介します。




これは、庄川のウッドプラザにある水車を参考にして作ったそうです。
手前のきらきらは水を表現しています。





これは、子供歌舞伎での演者を紙ねんどと折り紙で作ったもの

刀まで細かくこだわって作ったそうです。



このキラキラした笑顔の子がその製作者です。






女の子でも、のこぎりやインパクトドライバーなど、道具を駆使して製作に取り組んでいます。



小学生4年生〜6年生のお子さんを持つ親御さんは是非、活動に参加してみませんか?

年に一度、クラブ員を募集していますので、興味のある方は、砺波市商工観光課までお問合せください
(0763−33−1111)

体験参加も可能ですので、是非お気軽にご連絡ください!



砺波市少年少女発明クラブ事務局
(砺波市商工観光課内)


  • 未分類

2017年08月09日 13:08





今週の金曜日(8/11)に、
「ふるさと探検!屋敷林と工場見学親子ツアー」を開催します。


これは、小学生とその保護者を対象に、
屋敷林の良さや散居景観の美しさを知ってもらうものです。


その中で、東野尻地区のTさんのお宅を訪ねて、
屋敷林の中と外でどのくらい気温が違うのか比べます。


見学をする日の天気は曇りの予報で、
訪問時間も午前8時半と早いので、
一日の中で一番気温が高いと言われている
午後2時の気温を事前に調べました。


調査したのは次の5か所です。
@屋敷林の中(北西で日陰、風通しがよい)
A玄関前
B前庭(日なた)
Cアスファルト
D田んぼ(大豆)







結果はどうだったと思いますか?



計測日 8/4 晴れ

@屋敷林の中(日陰)   32℃
A玄関前           31℃  
B前庭(日なた)      34℃
Cアスファルト        36℃
D田んぼ(大豆)      37℃


一番暑いところと、
一番涼しいところの差が6℃もあります。
これには、計っていた自分が一番驚きました。


屋敷林があると夏の暑さを和らげると言われていますが、
こんなに違うのだなと身をもって感じました。


親子ツアーの日に、
参加者の皆さんにも体感していただければと思います。



  From 彩


  • その他

2017年08月08日 13:38







砺波市の高波地内には
岸渡洪水調整池(がんどこうずいちょうせいち)があります。


大雨が降ると、一時的に水を貯め、
下流の河川や排水路に流れる量を調整し、
負担を軽くする働きを持っています。



岸渡洪水調整池には3つの池があり、
一次池(24,700立方メートル)
二次池(27,500立方メートル)
三次池(18,800立方メートル)の順に
水が入っていきます。


これを小学校の25メートルプールで表すと、
71,000立方メートルは約197個分となります。


実際に大雨が降った日(7月4日)と、
後日、水が抜けた日の画像で比較してみましょう。


池に水が入る様子
(川の壁を越えて、水が入ってきます)













一次池











二次池










三次池












市の緊急メールに登録して、
防災情報をチェックしましょう。
http://www.city.tonami.toyama.jp/static/meruma/



   From 彩




  • 注意報

2017年08月04日 12:57





これは、赤祖父円筒分水槽(あかそふえんとうぶんすいそう)です。
南砺市の旧井口村にあります。


かつて、取水を時間割とする方法で管理していましたが、
水争いがたびたび起こり、
傷害事件の発生も稀ではありませんでした。


そこで、一定の水量に案分する円筒分水槽が作られ、
長く続いた水争いが解消されました。


南砺市のアニメ「恋旅〜True Tours Nanto」匠と夏子 後編の
モデルにもなっています。



このような農業水利施設を学ぶため、
一般市民の方を対象とした見学会を
8月1日に開催しました。


ほかに庄川合口堰堤や
古上野どんどを巡り、
となみ散居村ミュージアムで
講演を聴きました。
















   From 彩










  • イベント