Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

神出鬼没なユズ太の部屋

神出鬼没なユズ太の部屋(しんしゅつきぼつなゆずたのへや) 砺波市役所2号別館に勤務する商工農林部のチームです。商工・観光や農業、屋敷林に関するホットな話題を発信していきます。 各種イベント情報、スタッフの話題の裏側、砺波の特産品や見どころの小話など、少し違った視点からお伝えします。 また、健康なからだと、豊かなこころを育む上で大切な「食」を担う砺波の農業に密着し、食育と地産地消を推進していきます。
1  | 2  | 3  | 4
次のページ

2017年03月31日 17:20





私はタルダ


原種チューリップです。
気温が上がる午前中に徐々に花弁を開き、
冷えてくる夕方には花弁を閉じます。

























高さ13pほどの
ミニチューリップです。


市役所2号別館(農地林務課)で
かわいがられています。


ぜひ、あなたも逢いにきてください





**********************



先日、砺波市球根組合さんからいただき、
大切に育てています。


農地林務課には、
タルダのほかにも
クリスマスローズや
ゴールドクレスト
オリーブなどもあります。



「花や緑を愛し、美しいまちをつくります」を合い言葉に
緑花の推進に取り組んでいます。


※緑化じゃないよ、緑花だよ!!(この説明は、また後日)



 From 彩


  • 特産品

2017年03月01日 12:58







こんにちは。
今日から3月ですね。


これからの時期と言えば、
ひなまつり、ホワイトデー、退職、
卒業、入学(入園)など、イベントが続きます。


今回は、そんな時期の贈り物にぴったりの
チューリップ切花のご紹介です。


砺波切花研究会さんや
農事組合法人権正寺営農組合さんでは
チューリップの花束を取り扱っておられます。


花は、人と人との心の結びつきや、
命のつながりを強くする意味があるそうです。
贈る楽しみ、もらう楽しみ、
飾って愛でる楽しみ・・・。
大切な方の、特別な日に、花束を贈りませんか。


お申し込みは、添付ファイルをご覧ください。
お届け期間は12月〜3月末となっていますので
ぜひ、この機会にご利用ください。


************************************

以前、職場でこの花束をいただいたことがあります。
家に飾ったところ、玄関がパーッと明るくなり、
とても嬉しかった覚えがあります。


お届け可能期間が5月までなら、
「母の日」に利用できるのになーと思う今日このごろです。


  From 彩












  • 特産品

2016年12月22日 08:19






昨日12/21は冬至でしたね。
我が家では、ゆず湯の代わりに、自家製ゆず茶を楽しみました。


作り方はとても簡単!
料理の苦手な私でも、失敗しません。


材料は、ゆず、砂糖、蜂蜜だけ!!!


材料
ゆず 中サイズ6〜7個(400グラム)
砂糖 320グラム
蜂蜜 少々







手順
1 ゆずをよく洗い、2つに切る。
2 果汁を搾り、種はティーバッグに入れてとっておく。
3 ゆずの中袋等は除き、皮を千切りにする。
4 鍋に水と3を入れ、3回茹でこぼす。
5 水を切った4に、砂糖、種、蜂蜜を入れて中火で煮詰める。
6 少しトロミがついたらできあがり♪
 (煮詰めすぎると固くなるので、少し柔らかめでOK)
7 空いた瓶に詰める。










ジャムとしてパンやクラッカーに塗っても良し!
ホットケーキミックスに混ぜても良し!
パウンドケーキの上に塗ってもよし!
お湯で割ってゆず茶で飲むのもよし!



自家製のメリットは、砂糖の量をお好みで調節できることですね。
レシピより、少な目でも大丈夫だと思います。
蜂蜜は必須ではありませんが、加えるとまろやかで食べやすいです。


なんと言っても、ゆずの香りが台所いっぱいに広がり、
調理中から幸せな気分になれます。
(リラックス効果あり!)


3回も茹でこぼすのは少々手間ですが、
この作業によって、苦みがほどよく抜けて、おいしくなります。



ネットで調べると、ゆずにはいろいろな効能があることがわかります。
風邪予防
疲労回復
美肌
整腸作用 などなど


体の中から温まって、元気に年末年始を過ごしましょう。



  From 彩


  • 特産品

2016年12月16日 08:25

 



私事ですが、春に家を建てまして。
家は建ったが、もんだいは、表札をどうするか。



あいにく、Team1073の野口さんのように器用ではないし、
でも、ちょっと手作り風なのがいいなーと思っていました。



そこで思いついたのが、
「そうだ、三助さんに聞いてみよう」でして、
淡い緑色の釉薬が特徴の、
越中三助焼さんに電話をしました。


表札を作れるか、ダメもとで頼んでみると快諾。


デザインや配置などは複数パターン考えて、先生と相談しました。



こちらが作成中の風景







できあがりはこちら







三助焼さんは、
となみブランド
にも認定されており、
ふるさと寄附の返礼品にもなっています。


陶芸体験もできますので、
ビアマグや、花器などを自分でつくることもできます。
興味のある方は、ぜひご利用ください。



以上、やっと自分の家に名前がつき、ホッとひと安心した彩でした。




(余談)
タイトルは、「そうだ、村上さんに聞いてみよう」をもじったものです。
わかる方、おられるかしら?
村上春樹さんの作品が好きな方も、そうでない方も、読みやすいと思います。
2015年の「村上さんのところ」がオープンした際は
私も春樹さんにメールを3通送ってみましたが、
残念ながら返信はありませんでした。
もうすぐ新刊が出ます。
楽しみにしています。


  • 特産品

2016年11月30日 16:40








もりもりハウスからのお知らせです。

▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△


もりもりハウスは、
商品のレイアウト変更や棚の改良等を行い、
リフレッシュオープンしました!


そこで、1日限りの“リフレッシュOPENセール”が行われます。



日時
12月4日(日)9時〜17時

場所
もりもりハウス
砺波市頼成175番地
0763−37−0008

イベント内容
・きのこ汁無料配布(先着200名様)
・店内商品10%引き(薪は対象外です)
・もりもりハウス カレンダー無料配布
・テント飲食販売  など


詳細は富山県西部森林組合ウェブページをご覧ください。



  From 彩


  • 特産品