Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2017年07月13日  12:08

見渡す限り、女子、女子、女子・・・






先日、「とやま水土里女子フォーラム」なる研修会に参加しました。


この研修会は、県内の土地改良区や
県、市の「水、土、里」を守るために働く
女性職員に声がかかったもので、
県内では初の「女子会」だそうです。



講演として、
旧大沢野町の里山で農業を営む河上さんの話、
超パワフルな農業マーケティング山本さんの話がありました。


また、次の3つのテーマで
パネルディスカッションがあり、


テーマ「どのような女子会がよいか」
・座談会、分科会がよい
・共通の悩みを話し合いたい
・一泊やワークショップなど打ち解けた会もよい
・夜は出にくいので昼の研修、交流を など


テーマ「どのように地域を守っていくか」
・自分が課題だと思うことに真剣に向き合っていくだけ
・丁寧な説明で土地改良の賦課金の必要をわかってもらう など


テーマ「日頃男性に感じていること」
・残業ありきで仕事をしないでほしい。女性は定時後も家庭、地域、子のPTAなど忙しい。
・女性管理職の意見も聞いてほしい(男性管理職が同じことを言っても響き方が違う) など



「女子会」が初の試みだったこともあり、
何となく一方通行な感もありましたが、
参加者の皆さんはもっともっとしゃべりたそうだったので、
次回、形を変えて、また開催されるのではないかと思います。



上の画像のマフィンは
講演をされた(有)土遊野の河上さんからのプレゼントです。
参加者一人ひとりに配られ、
おいしくいただきました。



  From 彩





  • 交流