Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ふるさと学芸員の小窓

ふるさと学芸員のブログです。砺波市の「ふるさと文化財」とは、地域の財産として親しまれ大切にされている文化的財産のことです。このブログで少しずつご紹介していきたいと思います。
メール furubun001@gmail.com
ホームページURL http://blog.city.tonami.toyama.jp/group/furusato/
前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2013年10月02日 11:57




東保田中にはふるさと文化財に登録されている「浅草観音発祥伝承地」があります。

浅草寺の観音像の由来については、全国に数か所見られ、この東保田中も早くからその候補地の一つと伝えられています。昭和5年、寺から「越中国般若郷東保 俗称観音堂 当山観世音宝座給旧蹟認」との認定書をいただいたことから交流は始まりました。住民はこの御縁をこの先も永く受け継いでいってほしいと願い、碑を建て毎年観音祭りを行うなどして来られました。

ちょっと前の話になりますが、その東保田中で観音米を生産していると聞きました。
自治会長で営農組合理事の吉田さんに観音米について聞いてみると、観音米は特別製法のコシヒカリで浅草寺との交流の中で近年誕生したものでした。
現在は作付面積の約6%を観音米として生産し、東京のお米屋さんのみで販売しているのだとか。(写真は米袋に貼られるラベルです)
既に「となみ観音米」としても商標登録されているそうです。
「世の中の流れでおいしい米づくりをしたい」という吉田さんの言葉から、食の安心安全性、農業のあり方、地域交流の重要性など大切なことがいっぱい詰まっていることを知りました。
いろんな人、いろんな場所で交流を深めることでアイデアが生まれ、そのアイデアを活性化し繋げることで、何ものにも代えがたい財産になっていくことをあらためて教えてもらった気がします。

伝承地からの話題でした。


  • 伝承地

2013年09月20日 11:12










栴檀山に来ました。
小さな田んぼで手刈りするお母さんを発見!
お疲れ様です〜♪
稲は一列ずつ丁寧にしかもリズムよく刈り取られていきます。
隣ではお父さんが軽トラでハサ場へ運び、お手製のハサ木に掛けて干します。地干しができない沼田での知恵です。
この地区は今年水不足で収穫が心配されていましたが、
「うちでは例年より稲の生育がよく大粒で出来が良かったよ」とのこと。
見ると粒も揃っているし、一安心ですね。
でもお父さん、実は困っていることがあるそうです。
それハサ木作り。刈り取った田んぼで一人で作るからちょっと大変なんだとか。
でも乾燥機よりも旨い米ができる決め手だからいつまでもハサ掛けは続けたいらしい。

米作り、手間をかけた分だけ愛しくて贅沢なものになるんですね♪


  • 見たこと

2013年09月18日 17:09







先日庄川町内で稲の地干しをみかけました。
機械を使わない頃、稲はこんな風に干していました。
家の人に聞いてみると
「家じゃ藁を今でもたくさん使うが、だからいまだにこんなことしとっがやちゃ」ということでした。主に畑で使うことが多く、ご近所さんの分まで頼まれていて、この田んぼの稲は、毎年藁作りの為に地干しするのだそうです。

地干しを終えたらニオ作りです。
まず積む場所を決め土台を作ります。
干していた稲を積みやすいように土台の周りに集め、積んでいきます。
天気の良い日にこの作業を繰り返し徐々に乾燥させます。
今では懐かしい光景ですね。


  • 見たこと

2013年09月17日 17:46




今回は、一日庭職人です。
かいにょ苑の生垣が暑く苦しいです!
お手入れしましょう!




蚊が大量に飛んでいて、いっぱい刺されました・・・
でも、こんなにスッキリしました!!



次から外で作業する時は虫除けしよう・・・

マツシマでした。


  • 未分類

2013年09月04日 11:48




となみ散居村ミュージアム 民具館 第23回企画展
となみ城郭クロニクル(年代記)展のご案内です。
この企画展は、測量や地中レーダ探査を行った安川城跡や発掘調査を行った御館山館跡など最新の成果をふんだんに盛り込み、個々の城郭を縄張り図のパネルや出土品によって紹介しています。市内の城郭に焦点を当てて展示するまたとない機会ですので、どうぞご覧ください。


増山城跡(国指定)
隠尾館跡、壇城(市指定)
小倉の土居、千代ヶ様城、館の土居、安川城(ふるさと文化財)
御館山館(伝承地・史跡)


  • お知らせ

2013年08月29日 09:38


  • 見たこと

2013年08月26日 09:06




鷹栖宮木嶋の獅子舞の続きです。
蛇をセットする男の子。今から演目が始ります!




蛇に近づいたり離れたりしながら舞います。




蛇を捕まえて、食べてしまいました〜!

蛇に噛まれないようにしているような動きが、おっかなびっくりといった感じで面白かったですよ♪

マツシマでした。


  • 未分類

2013年08月23日 11:29




鷹栖の宮木嶋の獅子舞。
19日の夕方から始まった鷹栖の獅子舞は、東部の大きい獅子の舞いの後に今度は宮木嶋の獅子が舞います。




宮木嶋の獅子舞は、二人立ちの「金蔵獅子」と呼ばれる種類。
二人なので小さいですが、身軽なのでアクロバットな動きをするのが特徴です。




こちらでもハナがうたわれます。




蛇を相手にした舞いもあるのですが・・・
また来週ご紹介します^^

マツシマでした。


  • 未分類

2013年08月21日 17:00

 県内で縄文時代の遺跡といえば松原遺跡が有名ですが、その近くにあるのが金屋ポンポン野B遺跡。記録では多くの土器・石器などの出土をみたと伝わる場所ですが、今日掘られた場所からも出てきました。遺物はバラエティーに富んでいます。先人は時代を超えてずっとこの場所住んでいたんですね。








  • 見たこと

2013年08月21日 09:04

鷹栖東部の獅子舞は、胴幕の中に竹の輪を入れて体を大きく見せる、「砺波獅子」と呼ばれる種類です。




獅子頭の重さは10kg以上あるので、とっても大きい!!




笛の音と男達のかけ声がよく合っていてかっこいいですね〜!




ハナも大きな声でうたわれています。




とても天気の良い、暑い日でした。

次回は鷹栖宮木嶋の番に続きます。
マツシマでした。


  • 未分類