Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ふるさと学芸員の小窓

ふるさと学芸員のブログです。砺波市の「ふるさと文化財」とは、地域の財産として親しまれ大切にされている文化的財産のことです。このブログで少しずつご紹介していきたいと思います。
メール furubun001@gmail.com
ホームページURL http://blog.city.tonami.toyama.jp/group/furusato/
1  | 2
次のページ

2014年01月21日 15:43



今日の増山陣屋の様子です。
陣屋は昨年の戦国祭りにお披露目されたので初めての冬を迎えています。



さん!にぃ〜!い〜ち!!


当日は大変盛り上がりました。




陣屋内はパネル展示や体験コーナーになっていました。
こちらも大勢の人が利用されました。


普段はパネルの常設展示です。


これまでの増山城跡見学は乗物→山→乗物が基本パターンでした。
それが陣屋が完成したことで乗物→山→陣屋→乗物とか、乗物→陣屋→山→陣屋→乗物と行動パターンが新たに生まれました。

ある時、見学にきていた小学校の皆さんは、山から下りてきて陣屋で休憩しながら目のまえのパネルを使ってさらに学習されていかれたそうです。
嬉しいですね。
休憩するだけでなく学習に繋がる機能があることで増山城の役割がどうゆうものだったのかより一層感じてもらえたのではないでしょうか。
今は冬季閉鎖中ですが、雪が溶けたらまたたくさんの人が利用してくれることを願っています。


  • 思ったこと

2013年11月18日 17:41










砺波地区農業青年協議会さんの育てたキャベツの収穫日にお邪魔しました。キャベツの数は500玉、休耕田を利用しての栽培で今回で5回目だったそうです。メンバーは毎年新旧入れ替わったりするようですが、当日は皆さん慣れた手つきで葉っぱをむき、持ってきたコンテナは一杯になりました。今年の作業も無事に終わり、余裕の笑顔です。


収穫したキャベツは後日JA農業祭で「おらっちゃさん元気キャベツ」としての販売用と「特製焼きそば」として使われました。


  • 思ったこと

2013年01月11日 14:57

 お正月に年神様にそなえた鏡餅を、一家円満を願いながらお雑煮やお汁粉にして食べる日が鏡開きの日です。この行事はもともと武家社会の行事でした。そのため、刃物で切るのは切腹を連想するということで、手や木づちで割って開くというのが本来のやり方なんだそうですよ。とはいっても最近では真空パックになった個包装のおもちが多いですよね。
 「もうおもちは食べ飽きた!」という方も、ぜひ年神さまからのお下がりを食べてみてください☆

 そして今週末は左義長です(以前は14日に行われていたようですが、現在はこの3連休中に行われる地区が多いと思います)。私も小学生の頃は書初めを竹の枝に刺して「字が上手になりますように〜」と祈ったものです(遠い目)。

 砺波市太田の左義長は「ふるさと文化財【無形民俗文化財】25」に指定されています。(2011年1月10日の記事参照)

 ご近所の左義長に出かけられる方は、暖かくしておでかけくださいね。


  • 思ったこと

2012年12月28日 14:52

 最近、ニュースでたびたび耳にするのがノロウイルスの脅威。冬季に多発し、感染経緯のほとんどは経口感染だそうです。
 かつて衛生設備がまだ整っていなかった頃には、食中毒に限らず様々な疫病の集団感染が起こっていました。(余談ですが、何年か前にヒットしたドラマの中で、幕末にタイムスリップしたお医者さんがコレラの蔓延に立向かうってお話ありましたね)

 そこで思い出されるのが「ふるさと文化財28 史跡 上水道記念碑」です。
 出町の上水道は北陸三県で最も早く整備されました。もともと出町は地盤の関係で地下水までが遠かったため、飲料水の大部分は河川水に頼っていました。そのため衛生状態もあまり良くなく、疫病が流行する原因のひとつにもなっていたようです。
そこで当時の町長が調査委員を設け、上水道敷設に向けて動き出しました。工事には紆余曲折がありましたが、大正十三年に竣工しました。地方には水道工事の経験者も技術者もいなかったため、それはそれは大変だったようです。
詳細は2011年7月28日の記事をご覧下さい(*^^*)



ノロウイルスの予防法は

食事の前やトイレの後などには、せっけんを使ってしっかりと手洗い。


タオルなど共用で使用するものを避ける。


下痢やおう吐等の症状がある方は、食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう。


食品中のウイルスは加熱することで感染性をなくすことができます。食品の中心温度が85℃1分以上になるようにしっかり熱を通して食べましょう。


便や吐物の処理をする時は素手で触らず、必ずビニール手袋を使用しましょう。汚物の消毒は市販の塩素系消毒剤(漂白剤)を希釈したものを使用する。



といったことだそうです。
ちょっとしたことで守れる健康。いろいろな場所での飲食の機会が増える年末年始には意識したいものですね。

どうぞよいお年をお迎え下さい。


  • 思ったこと

2012年06月28日 11:03

先日のブログでは、千光寺で開かれる朝市「芹の市」のお知らせをしました。
当日はたくさんの方がいらっしゃったようで、地場産の野菜やお米などもたくさん買っていかれたのだとか!文化財めぐりにもたくさんの方が参加されていました。

千光寺には富山県指定文化財・砺波市指定文化財が多く有されています。ふらりとお出かけされても、自動音声案内があるのでご利用になるといいかと思います。

そんな千光寺で見つけた「夏」




蓮の花です。水面近くにはまだつぼみがいくつも見えたので、まだまだ蓮の花の観賞を楽しめるのではないでしょうか。
ちなみに話はそれますが…浄土真宗の教えの中に「蓮の花の教え」というのがあります。
「きれいな水の中でしか咲けないわさびの花よりも、泥水の中で咲き誇る蓮の花になりなさい」というのは私なりの覚えなのですが、泥の中にもしっかり根をはってきれいな大輪を咲かせる姿はきれいですね(*^^*)
蓮は7月の誕生花で、夏の季語ですね。今週は梅雨の晴れ間が多かったけど、これからどんどん暑くなるんだろうなぁ…。夏バテにはお気を付けくださいね。


  • 思ったこと

2012年03月29日 17:49

今日の天気は晴れ。
五鹿屋のイロハカエデ、荒高屋の恵比須社、大嶋家の大杉をみながら庄川町に入り、金屋石採掘跡をながめ、中筋往来の石仏群をまわった。
石仏群は、西国33ヶ所観音霊場にちなみ庄川町青島から中野、太田までの6kmにわたり建立されている。33番の観音様の近くには太田金比羅社の文学碑があるので、太田土地改園に立ち寄ってゴール!!
道中、農作業の準備なのかあちこちでスンバを燃やしながらお話中の方を何人もお見かけした。石仏をみている途中は、地元の人が声をかけて下さったり、「ゆめつづりはどこですか?」とか「川金はどこですか?」と車を止めて道を尋ねる人がいたり…。
雪がとけて地面や木々は、じきに新芽の緑色で鮮やかになりますが、土色がむき出しでその上にスンバが落ちているこの短い期間の風景は案外砺波らしい気がした。




  • 思ったこと

2012年02月27日 17:24



2月も終わり。
ここ2ヶ月ほど、日々の業務の他に郷土料理の仕事に携わりました。
1月11日郷土料理の調理見学に始まり、13日、25日、2月18、19日は『よごし』グランプリ、25日のいいねカフェ郷土料理教室などなど、その間に知り合った人はウン0人。
期間中、いろんな人との出会いは新鮮で、またその中には同じ目標に向って進んでいる人と時間を共有できる喜びもあって、何か多くのものを得た気がします。
これらは今後一つの形としても生まれるようで…。
そう!言い換えると、となみの郷土料理は来月出産予定なのです。
これまでお腹の中で順調に育ち、健康そのもので臨月を迎えるのです。
「早く顔がみたいな〜。」と思いますがもうちょっと我慢。
その日が来るまで心待ちにしてて下さいね♪








>












  • 思ったこと

2012年02月21日 18:17



先日行われたよごしグランプリ。
反響も大きく、盛況に終われたことが何よりです。
そんな今日は結果発表の日でした。
一番人気は、、、しその実のよごし♪
2日間よく出てましたから、ランキングはきっと上位だろうと思っていました。
大葉も入れて香りもよく、納得の結果ではないでしょうか。
他には大根、なす、菜の花、白菜(カレー風)もよく出ましたが、ベスト5には入りませんでした。
今のところ県西部のみで通じる『よごし』ではありますが、今後の拡大が楽しみです。

2位 いもじ(里芋の葉)←上の写真
3位 人参
4位 ほうれん草
5位 大根葉←砺波では認知度ナンバーワン

(投票数325票)


  • 思ったこと

2012年02月03日 11:50



今日もパウダースノーに覆われた砺波です。
“つらら”も伸びて外は冷え込んでいたんですね。
連日の大雪に対する各注意報は何処へやら…、現在は陽がさしてきました。
空の水色、山の藍色、田んぼの白は清清しく、この景色こそ砺波の冬のbPといっても過言ではないでしょう。
道路はいまだアイスバーン。
こんな日は乾燥もしているので、風邪でもひいたらせっかくの豆まきが出来なくなります。外出時にはご用心下さい。




  • 思ったこと

2012年01月11日 15:33

ブログに載せた『獅子ガチャラ』にお問い合わせをいただきました。
ブログを見ていただき、恐縮です。
そしてありがとうございます。
『獅子ガチャラ』は、いなみ木彫りの里・創遊館(井波の道の駅)で入手しました。
館内中央奥にある受付カウンターの右手に設置されていますが、傍らにあった観葉植物の陰で少しわかり辛いかも知れません。料金はワンコインの5百円。
ただし、5百円玉しか受け付けてくれませんので、ご注意ください。


そういえば、ガチャガチャの中にはこんな紙も入っていました。
総合会館の入館割引券です。しかもこの券1枚で2名まで有効だそうです。
紙一枚で次回のきっかけ作りをしている所もエラいと思われませんか?
私は1回だけの大きなサービスよりも、小さなサービスをずっとやってくれる方が嬉しい気がします。それは両方が無理なく気楽にできると思うからです。


  • 思ったこと